ほくろ除去まで踏み切れない?!まずはメイクでほくろをカバー


気になるほくろを目立たなくする!メイクで簡単にカバー

皮膚のさまざまなところに現れるほくろ。体に悪影響を与えることは少ないものの、「なぜこんなところに...」と場所によっては気になるのも事実です。特に顔や首にできるほくろの場合、大きさに関わらず目立ちやすく除去してしまいたいと考える方もいるでしょう。
しかし、いざほくろを除去しようと思ってもなかなか踏み切れるものではありません。
そこで活躍するのがメイク術です。メイクテクニックを駆使すれば、気になるほくろ部分を手軽にカバーできます。

コンシーラー使いがポイント!

まずほくろ部分にコンシーラーをたっぷりのせます。このとき、ほくろ周辺の広範囲にコンシーラーを塗ってしまうと逆に目立ってしまうため、小さいほくろの場合は綿棒などを使う方法がおすすめです。指でポンポンと優しくたたきながら、ほくろが自然に隠れるように肌になじませましょう。
リキッドファンデーションでも代用できますが、しっかり隠したい時にはカバー力のあるコンシーラーを選んでください。ほくろ専用のコンシーラーも市販されています。


肌になじませる時は細いメイクブラシ、仕上げはアイブローコートで

ほくろをより上手に隠すには、細いメイクブラシを使うとよりキレイに仕上がります。
コンシーラーの上にファンデーションをのせ、ブラシで押さえるように塗りましょう。自然に見せたい方は、その上からパウダーで整えてください。
隠したほくろを長持ちさせたい時に役立つアイテムが、アイブローコート。隠したほくろ部分に1滴たらし、乾くまで自然乾燥させます。こすっても落ちにくいので、1日に何度も鏡をチェックする必要がありません。

大きめほくろはキズケアフィルムでカバー

大きめのほくろや、盛り上がっているほくろは肌色のキズケアフィルムでカバーできます。
まず隠したいほくろの形にフィルムをカットします。貼る前に、ほくろとその周辺の肌の油分を取っておきましょう。その後コンシーラーを塗って肌との境目をなじませれば完成です。
今までほくろが気になって外出が億劫だったという方も、メイクテクニックを活用すればキレイにカバーできます。メイクで隠せてもほくろの存在が気になってしまうという方は、専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科(美肌・レーザー)
フィラー(注入治療)
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約