何が違うの?高分子ヒアルロン酸と低分子ヒアルロン酸


ヒアルロン酸には種類があるの?

化粧品などに配合されていることの多いヒアルロン酸は、お肌のうるおいを保ってくれる成分です。
ヒアルロン酸には、「高分子ヒアルロン酸」と「低分子ヒアルロン酸」と呼ばれる2種類があります。
高分子ヒアルロン酸は、自然界にもともと存在する、分子量の大きいヒアルロン酸です。
低分子ヒアルロン酸は、人工的に精製する、分子量の小さいヒアルロン酸です。
美肌成分としてしられるヒアルロン酸ですが、それぞれ働きに特徴があります。化粧品によってヒアルロン酸の効果をきちんと出したいなら、自分のお肌の悩みと成分の効果をきちんと合わせることが重要。今回はこの2つのヒアルロン酸の特徴をご紹介しましょう。

高分子ヒアルロン酸とは?

高分子ヒアルロン酸は、フカヒレやオクラ、納豆などプルプルした食品やネバネバした食品に多く含まれます。これらの食品に含まれるヒアルロン酸は、自然界にもともと存在する「高分子ヒアルロン酸」です。
高分子ヒアルロン酸は、粒子の大きさが低分子ヒアルロン酸に比べて大きいため、高い保水力が特徴です。体内外から取り入れることで、お肌の細胞の分化を促し、表面のバリア機能を高められます。食事から摂取することが可能ですが、熱に弱いため、調理時に破壊されてしまうという特徴があります。

低分子ヒアルロン酸とは?

低分子ヒアルロン酸は、天然のヒアルロン酸である高分子ヒアルロン酸の分子を構成する粒子を、人工的に小さくしたものです。
高分子ヒアルロン酸に比べ、粒子が小さいため、肌に直接塗布やドリンクなどから吸収されやすい特徴があります。「吸収」という面では効果の高い低分子ヒアルロン酸ですが、粒子が小さいため、高分子ヒアルロン酸に比べ、体内で早く分解されてしまい、肌のバリア機能は低いというデメリットもあります。
低分子ヒアルロン酸は、サプリメントによって摂取することも可能です。

目的に合わせて高分子と低分子を使い分けよう!

ヒアルロン酸配合の化粧品は肌につけることで、肌から浸透して体内に採り込まれます。
高分子ヒアルロン酸が含まれる化粧品は、粒子が大きいので分解されづらく、ゆっくりと蒸発するため、保湿効果が長持ちします。
一方、低分子ヒアルロン酸が含まれる化粧品は、粒子が小さく、お肌のより深層まで成分が届きます。
また、高分子ヒアルロン酸の化粧品は「しっとり」、低分子ヒアルロン酸の化粧品は「さっぱり」と、使い心地も異なるため、お肌の悩みと合わせて使い心地も自分の好みに合わせて、選びましょう。

この記事の監修医師

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長
麻生 泰 医師

・慶應義塾大学医学部 非常勤講師
・日本形成外科学会
・日本美容外科学会
・日本マイクロサージャリー学会

プロフィール詳細はこちら

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら
(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科
(美肌・レーザー)
フィラー
(注入治療)
審美歯科
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品・メディカルコスメ
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約