プラセンタ注射は本当に若返りの媚薬なのか?


意外に長いプラセンタの歴史とは?

プラセンタの薬理作用は紀元前から認知されており、古代ギリシアや中国でも珍重されてきたことがわかっています。1930年代頃から近代医学に応用され、日本へは戦後すぐにロシアから伝来しました。その後、日本国内でも研究が重ねられ、日本国内で医薬品としての承認を受けてからすでに何十年も経過しています。
医薬品として歴史の長いプラセンタですが、「若返りの媚薬」として日本で注目され始めたのは、1990年代になってからです。今では最先端医療とも言える「再生医療」に大きく寄与する医薬品として、期待が寄せられています。

プラセンタが若返りに効く理由って何?

プラセンタの主成分は、胎盤から抽出したエキスでできています。胎盤は、哺乳類がお腹の中で赤ちゃんを育てる際に欠かすことのできない栄養源となります。
お腹の中の赤ちゃんは、へその緒を介して胎盤から栄養を吸収し、細胞分裂を繰り返しながら成長します。この成長を手助けする物質が、胎盤に含まれるグロースファクター(成長因子)と呼ばれるタンパク質です。グロースファクターには細胞分裂を促進する働きがありますので、胎盤由来のプラセンタを摂取すると老化した大人の細胞が活性化するというわけです。

プラセンタ注射による若返りのメカニズムとは!?

プラセンタ注射をすると、プラセンタに含まれるグロースファクターが、弱った細胞や衰えた細胞に働きかけ、細胞分裂を促進します。細胞自体が若返るため、血流がよくなり新陳代謝が活発になります。そうすると自律神経のバランスが整ったり、ホルモンバランスが良くなったりと、体全体の好循環が生まれるのです。
つまり、プラセンタは単なる若返りの薬ではなく体を内側から元気にしてくれる、まさに媚薬と言えるでしょう。また注射を使って筋肉や皮下に直接注入しますので、即効性があることも特徴です。

プラセンタって何でできている!?副作用が少ないって本当!?

プラセンタは哺乳類の胎盤から抽出されており、副作用が少ないことでも注目されています。注射用に用いられるのは、おもにヒトの胎盤から作られているプラセンタです。人体への適応性と吸収力の良さが特徴となっています。またサプリメントなど経口摂取のプラセンタは、豚や馬といった動物の胎盤から作られている場合が多いようです。
プラセンタは美肌効果だけでなくあらゆる疾患に有効で、更年期障害やB型肝炎・C型肝炎などの治療にも用いられています。多くの医療機関がプラセンタ注射を実施しているので、興味のある方は一度相談してみましょう。

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科(美肌・レーザー)
フィラー(注入治療)
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品・メディカルコスメ
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約