気になり始めたほうれい線への対処

女性が何より恐れるほうれい線

見た目が5歳以上老けて見られるとも言われているほうれい線は女性にとって大きな悩みの一つと言えます。鼻の横から口元にかけてくっきりとラインが入っているとそれだけで老けて見られてしまいますから、悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。
ほうれい線は早く対処すればそれだけ目立たなくすることもできますから、日頃から意識的にケアをすることが大切と言えるでしょう。簡単にできるエクササイズなどもありますし、ほうれい線を消してやる!という強い意気込みで向き合うことが大切です。ここでは原因や対策についてまとめてみました。


ほうれい線ができてしまう原因

ほうれい線ができてしまう原因は顔の肌がたるんでしまうことが挙げられます。年齢を重ねるごとに人間の身体は劣化を続けていきますから、これはある意味仕方のないことでもあるのですが、実際には加齢だけがほうれい線の原因ではありません。
乾燥した肌や紫外線の浴び過ぎ、頬の皮膚が重力に逆らえなくなってきた、血行や代謝が悪くなったなどもほうれい線ができてしまう原因なのです。睡眠不足や無理なダイエット、喫煙や暴飲暴食によってほうれい線ができてしまうこともありますからまずは日々の生活習慣も見直してみなくてはなりません。


簡単エクササイズで対策しよう

日々の生活習慣を見直すことは大切ですが、ここでは簡単にできる対策をお伝えしましょう。まず、ほうれい線ができてしまう原因の一つは顔の表情筋が弱っていることが挙げられますから、ここを鍛えてあげることが大切です。口の中に思いっきり空気をためてほっぺたを膨らませ、その状態で10秒ほどキープしてみましょう。これを朝晩一度ずつ繰り返してください。
あいうえお体操もほうれい線対策としては有名です。大きく口をあけながらあいうえおを言うエクササイズで、それぞれ5秒ずつくらいキープしましょう。仕事の合間などにもできますから日々意識することが大切です。


クリニックでも対策できる

即効性を希望する方はクリニックでのほうれい線施術なども効果的です。クリニックでできる対策もいくつかありますが、ヒアルロン酸の注射などは気軽に始めることのできる治療ですから人気も高く、しかも効果が割と早く期待できるとあって人気がありますから、気になる方は一度調べてみましょう。
クリニックでも対策を受けることはできますが、最初にお伝えしたようにほうれい線は日頃の生活習慣も大切ですから、暴飲暴食や睡眠不足が慢性化しているという方は特に注意が必要です。睡眠不足などは女性にとって良いことは何一つありませんから、そうした部分から見直してみましょう。

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科(美肌・レーザー)
フィラー(注入治療)
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品・メディカルコスメ
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約