ボトックス注射でメスを使わずにプチ整形

ボトックスってなに?

アンチエイジング治療のひとつとして人気が高まっているボトックス。そもそも「ボトックス」とは、米国アラガン社が製造販売するボツリヌストキシン製剤の商標登録名です。しかし、世界的なトップブランドであり、信頼性が高く歴史も長いため、ボツリヌス治療の事実上の代名詞となっています。
では、ボトックスはどのような治療に用いられるのでしょうか?ボトックスの主成分であるボツリヌストキシンは、神経と筋肉をつなぐ箇所に作用し、筋肉を一時的に麻痺させることができます。その特徴をいかし、神経外科や眼科、美容外科などの分野で幅広く治療に応用されています。

今回は、美容外科におけるボトックス治療についてご紹介します。


ボトックス注射で出来る施術は?

美容外科で一般的に行われるボトックス注射を使った施術は、以下のようなものがあります。

・表情シワの改善(額、眉間、目尻、目の下、あごなど)
・エラ張りの改善
・ふくらはぎを細くする
・ワキガや多汗症の改善
・ガミースマイルの改善(笑うと歯茎が目立つ状態)
・ニキビ治療

いずれも施術は短時間で終了し、極細の針を使用するため施術箇所の内出血や注射跡はほとんど目立ちません。幅広い治療に使用でき、アレルギー反応を引き起こす可能性も少ないため、美容外科分野では定番の治療法になりつつあります。


気になる副作用やデメリットは?

ボツリヌストキシンは、ボツリヌス菌から抽出したタンパク質のひとつであり、猛毒としても知られていますが、薬品として使用する際は毒素をアルカリと熱で不活性化させるため無害化します。
治療部位や注入量にもよりますが、ボトックス注射の効果は3~6ヶ月程度持続します。そのため、効果を維持したいときは治療を継続的に受ける必要があります。

注入後に表情が不自然になったり、まぶたが下がって視界が悪くなったりすることが起こり得ますが、副作用は筋肉を弛緩させる作用が強く出たためであって、時間とともに消失する症状です。施術後数ヶ月は避妊をする必要があるため、妊娠の予定がある女性は治療することができません。


手軽で自然なプチ整形として人気

「お腹周りの脂肪は落としたいけど、地道なダイエットはイヤ!」という方には、脂肪吸引という方法も。脂肪吸引は脂肪細胞そのものを除去するため、リバウンドの心配がありません。また自分が気になる部分だけを取り除き、理想的なボディーラインに近づくことが可能です。

脂肪吸引とダイエットとの大きな違いは、ダイエットが長期間かかるのに対し、脂肪吸引は短時間で簡単に痩せられる点です。脂肪吸引は手術ですので、術後の腫れや内出血が起こるリスクも考えられますが、時間が経過するとともに徐々に治まっていきます。

お腹周りの脂肪を落とすには、いろいろな方法があります。ぜひ自分に合った方法を探してみましょう。

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科(美肌・レーザー)
フィラー(注入治療)
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約