目の下のたるみの基本知識まとめ


あなたは大丈夫?見た目年齢を大きく左右する目の下のたるみ

加齢による目の下のたるみは、顔の中でも特に目立つため、あるとないとでは、5歳から10歳もの見た目年齢の差が生じます。アイメイクもきまってスッキリとした目元は、年齢に関係なく印象アップの条件です。
目の下のたるみは、顔全体のたるみ同様、肌の老化、紫外線、睡眠不足、ストレス、喫煙などが原因で20代頃から進行しています。
日常生活でのパソコンやスマートフォンの長時間利用や夜更かしは、目元の筋肉を酷使します。実年齢は若くても常に目の疲れを感じており、まぶたが腫れぼったい、目が充血しているなどの症状がある人は注意が必要です。

目の下のたるみが老け顔の要因になる理由とは?

目の下の部分に皮下脂肪がたまり、皮膚や筋肉がその重みを支えることができなくなるのがたるみの原因です。たるみは加齢とともに肌の弾力が低下し、表情筋が衰えてくることで目立ってきます。
目の下にたるみがあると、まぶたが重くて疲れた印象を与えるだけでなく、視野が狭くなることで、実際に目の疲れを訴える人もいます。
また、ふくらみの部分が影を作り、目の下に不健康な「影くま」を作り上げることもあります。
このように、顔の中でも目立つ部位である目の下のたるみは、年齢を感じさせる大きな要素です。アイメイクが決まる若々しい目元を取り戻すには、どうしたらいいのでしょうか。

エクササイズ効果が上がりにくい目の下のたるみ、どう解消する?

「下まぶたがたるみ、ふくらみが大きくなってきた」、「くまが目立って不健康に見える...」などの悩みは多くの女性が持っています。目元は顔の中でも目立つ部分なので、目元を治療すれば、顔全体の印象をぐっと若返らせることができます。
たるみ改善のリフトアップグッズやエクササイズも数多くありますが、目の下は効果が上がりにくい部分なのです。
スッキリ若々しい目元の実現するためには、美容外科での施術が効果的です。

話題のハムラ法なら、目の下のくままで解消できます

多様なリフトアップ施術がある中で、目の下の脂肪を目の下のくぼみに移動させるハムラ法は、目の下のたるみ解消に加えて、「影くま」も解消できる施術法です。
ハムラ法は、30分程度の施術で傷跡はほとんど目立たず、入院不要で手術後、腫れの状態をチェックして5~7日前後で抜糸します。
目の下は目立つ部位ですし、繊細かつ高度なテクニックを要する外科的手術ですので、治療に踏み切る際には、施術経験が豊富でアフターケアも充実しているクリニックを選びましょう。

お電話でのご予約はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約

この記事の監修医師

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長
麻生 泰 医師

・慶應義塾大学医学部 非常勤講師
・日本形成外科学会
・日本美容外科学会
・日本マイクロサージャリー学会

プロフィール詳細はこちら

目的別でみる施術方法

エイジング(若返り)施術の症例写真