老け顔の原因「たるみ」「しわ」を改善するリフトアップ法とは?


顔のたるみ、しわは何故できる?

人の身体は、年を重ねるうちに少しずつ筋肉が落ち、脂肪が増え太りやすい体質に変化します。皮膚の場合は、弾力線維のえらスチン、皮膚組織に厚みをもたらすコラーゲンなどのはり成分が減少していきます。
筋肉は身体を動かすだけでなく、皮膚を支える役割をもっています。そのため、筋肉が衰えてしまうと、皮膚がたるんでしまい、身体がたるみ、しわができてしまうのです。これは、顔の筋肉や皮膚も例外ではありません。そこで今回は、顔のリフトアップを目指す方必見!3つのリフトアップ方法をご紹介します。

リフトアップに効果的「あ・え・い・お・う」体操

身体は、適度に使えば発達し、使わなければ退化し、萎縮してしまいます。しかし、筋肉は意識的に鍛えることで、筋力低下を予防することが可能です。顔の筋肉も筋力アップすることで、リフトアップを目指すことができます。
ここでは、家事や仕事の合間にできる顔のリフトアップ法をご紹介します。
・口を大きく開けて「あ・え・い・お・う」と口を動かす
・一語ごとに、5秒間そのままの口の形をキープ
・一日5~10回行なう
顔の筋肉とつながりのある首や頭部の筋も鍛えられるため、リフトアップだけでなく、肩こりや頭痛改善も期待できるトレーニング方法です。

サプリメントでもリフトアップができる!

続いてご紹介するのは、サプリメントによりリフトアップ方法です。筋力低下だけでなく、「コラーゲン」や「プラセンタ」の不足も「たるみ」や「しわ」の原因です。これらの美肌成分は、それぞれ作用の特徴があり、効果を発揮しやすい年齢も異なるため、「たるみ」や「しわ」の原因に合わせて摂取することが需要です。
・コラーゲン
肌の保水力を上げる作用のあるコラーゲンは、20代のリフトアップを望みたい方に効果を期待できる成分です。
・プラセンタ
お肌の細胞を増殖・促進させる作用のあるプラセンタは、アンチエイジングを行いながらリフトアップを望みたい30代以降の方におすすめの成分です。


美容外科の最新リフトアップ法「ショッピングリフト」

セルフケア以上の効果を望むなら、美容外科を頼ってみるのも一案。美容外科でのリフトアップ方法には、さまざまな方法がありますが、今回は自己再生力を高めることでリフトアップをもたらす「ショッピングリフト」法をご紹介します。
「ショッピングリフト」は、コラーゲン生成能力のある微細糸を、皮膚の真皮に挿入することで、皮膚の自己再生能力を改善させる施術方法です。メスを使わない方法で、施術時間も30分~1時間程度で行なえることが魅力です。
エクササイズ、サプリメント、美容外科で行なえる施術3つのリフトアップをご紹介しましたが、気になる方法はありましたか?自分に合った方法で「たるみ」や「しわ」を改善しましょう。

この記事の監修医師

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長
麻生 泰 医師

・慶應義塾大学医学部 非常勤講師
・日本形成外科学会
・日本美容外科学会
・日本マイクロサージャリー学会

プロフィール詳細はこちら

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら
(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科
(美肌・レーザー)
フィラー
(注入治療)
審美歯科
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品・メディカルコスメ
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約