3大美肌成分ヒアルロン酸、コラーゲン、えらスチンのホント話し


3大美肌成分って、ご存知ですか?

イソフラボンにコラーゲン、タンパク質、アミノ酸...「お肌に良い」とされる成分は多くありますが、その中でも特に、女性らしく美しいお肌に必要な「3大美肌成分」があることをご存知でしょうか?
「3大美肌成分」は、ヒアルロン酸・コラーゲン・えらスチンと呼ばれる成分です。「成分の名前は聞いたことがあるけれど、実際の働きって良くわからない...」という方もいらっしゃるのでは?
そこで今回は、この3大美白成分に関する「ホントのはなし」をご紹介したいと思います。

ヒアルロン酸の働きって?

ヒアルロン酸はもともと人体にある成分で、その作用の特徴の一つに「保水力」があります。身体の60%が水であることから、ヒアルロン酸は美肌には欠かせない存在なのです。さらに細胞の隙間にヒアルロン酸は存在しているので、肌を外敵から守る役目も担っています。
その他にも、老眼や眼精疲労の緩和や、更年期障害の改善、体内細胞の活性化などの作用もあるため、美肌作りだけではなく、健康作りにも役立ち成分なのです。

コラーゲンの働きって?

先ほどご紹介した「ヒアルロン酸」と密接につながっているのが、この「コラーゲン」。ヒアルロン酸の保水力のお話は前述しましたが、実はヒアルロン酸の保水力は、コラーゲンがないと発揮されないのです。
つまり、お肌に充分なヒアルロン酸があり、水分を与えても、コラーゲンが不足している状態では、いつまでたってもお肌は潤わないのです。
「ヒアルロン酸の化粧品を使って、水分補給に気を付けているのに、いつまでも乾燥肌が改善しない...」という方、もしかしたらコラーゲンが不足しているのかもしれません。

えらスチンの働きって?

えらスチンは、真皮にある、弾力性のある繊維で、その特徴から「弾性繊維」とも呼ばれています。えらスチンは、先ほどご紹介した「コラーゲン」を支え、弾力性やはりのあるお肌をつくりだしています。
えらスチンが不足すると、コラーゲンは支えを失ってしまうため、お肌にしわが生じやすくなってしまうのです。
今回は3大美容成分である「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「えらスチン」の働きをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?それぞれの成分は互いに関係しあって美肌をつくっているので、バランス良く摂取して美しいお肌を目指しましょう。

この記事の監修医師

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長
麻生 泰 医師

・慶應義塾大学医学部 非常勤講師
・日本形成外科学会
・日本美容外科学会
・日本マイクロサージャリー学会

プロフィール詳細はこちら

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら
(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科
(美肌・レーザー)
フィラー
(注入治療)
審美歯科
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品・メディカルコスメ
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約