よくある質問 よくある質問

なぜワキガになるの?

ワキガ臭は、通常の汗とは違い、アポクリン腺から分泌された汗に含まれる鉄分や脂肪分、アンモニア、色素、蛍光物質などが細菌によって分解されることで発生します。このアポクリン腺はわきの下だけでなく耳の中や乳輪、おへそや陰部周辺にも存在し、強い臭いを発生させます。

アポクリン腺は誰にでもあるの?

アポクリン腺はもともと異性を惹きつけるために独特な臭いを出す器官で、年齡・性別を問わず誰にでも生まれつき存在しています。ただし子供の場合はアポクリン腺が未発達で、思春期を迎える7〜12歳頃から性ホルモンの影響を受けて臭いを発するようになります。ワキガ症状が強い方は、そうでない人に比べてアポクリン腺が大きく数も多いため、臭いの元となる分泌物を多く出すことで強い臭いを発するのです。

つまり、その汗腺そのものを高周波によって破壊・または手術で除去してしまうことによって、ワキガ・多汗症のどちらも改善することができます。

ワキガは遺伝するって本当?

はい。ワキガ体質は優性遺伝によって発生します。両親がともにワキガの場合は80%以上の確立で、片方の親だけがワキガの場合は50%の確立で遺伝することがわかっています。優性遺伝は「顕性遺伝」とも呼ばれ、両親の遺伝子のうち強い遺伝子が受け継がれることを言い、ワキガは「強い遺伝子」に該当します。

なお、両親ともにワキガではないはずなのに子供がワキガを発症した場合は、両親のうちどちらかがワキガ遺伝子を持っているか、祖父母から遺伝する「隔世(かくせい)遺伝」の可能性もあります。

自分がワキガかどうかをチェックする方法は?

ワキガの人は自分では症状に気がつかないことが多く、他人から指摘されて自覚するケースもよくあるようです。逆に、ワキガでもないのに自分の臭いに過敏になってワキガのカウンセリングに来られる方もいらっしゃいます。自分でできる簡易チェックとして、「白い服に黄色いシミが残る」「耳垢が湿っている」「家族にワキガ体質の人がいる」という人は、ワキガの可能性が大きいのでカウンセリングでどのような治療が適しているか医師の診断を受けることをおすすめします。

服についた汗ジミは取れないの?

ワキガでなくても、汗をかけば服に黄色いしみが残ることがありますが、ワキガの場合にはアポクリン腺の分泌液に含まれる蛍光物質や色素によって汗じみができやすく、また落ちにくいしみがついてしまいます。

この汗ジミを落とすには、お湯で洗うことで皮脂が溶け出して落ちやすくなるほか、皮脂を落とす専用の家庭用洗剤で洗うことで落ちることが多いようです。もし汗ジミそのものを防ぎたいという場合には、汗腺の働きを一時的に弱めて汗の分泌を抑える注射か、永久的に症状を改善する手術による治療法がおすすめです。

ワキガ・多汗症抑制注射の効果はどれくらい続くの?

効果の持続期間には個人差がありますが、およそ3〜6ヶ月ほど続きます。汗を止める成分は体内で分解されて尿と一緒に排泄されていきます。たとえば汗をかく陽気になる5月頃に1回打ち、効果が長持ちする方であれば11月くらいまで効果が持続しますが、短い方では3ヶ月後の8月頃に再度注射を打つことで充分な効果が期待できます。

ワキガ・多汗症抑制注射をするときには痛みはあるの?

非常に細い針を使用して注射をするため、非常に強い痛みこそないものの、針を刺す痛みは伴います。施術時間は両ワキでおよそ5分ほどですが、ワキの下全体に細かく分けて注射をするため、痛みが心配な方には麻酔クリームを塗ってから注射をすることで痛みを抑えることができます(麻酔クリームは別料金となります)。詳しくはカウンセリングの際にお問い合わせください。

ワキガ・多汗症の治療をしても再発するって本当?

吸引法や小切開法などではワキガの原因となるエクリン腺やアポクリン腺を完全に除去することができないので、残った汗腺から出る分泌液によって再発したと感じることもあるようですが、症状の強い方や完全にワキガ・多汗症を治療したいという方には根治法(反転剪除切開法)をおすすめしています。一度汗腺を除去してしまえば、汗腺が再生されることはありません。また、高周波による治療では熱の作用で汗腺を収縮・破壊しますが、再生することはほとんどありません。汗を止める注射による治療の場合は一時的に汗腺の働きを弱めて汗を止めるものなので、3〜6ヶ月ほどで再び汗が出るようになります。お試しや一時的に汗を抑えたい方には適していますが、きちんとワキガ・多汗症を治したいという方には手術をおすすめしています。

切開手術の場合、手術痕は目立つの?

わきのしわに沿って切開するため、術後はほとんどわからなくなります。術式によって切開する大きさは異なりますが、1〜4cmほど切開します。3ヶ月ほどで皮膚が再生され、もともとあったしわになじんで目立たなくなります。

治療のあとの注意点は?

注射治療の場合は特に注意点はありません。高周波治療の場合は、術後当日の入浴はねんのため控えていただき、翌日からの入浴をおすすめします。切開を伴う手術の場合は、切開部分に圧迫固定といってわきの下にガーゼを挟んで包帯を巻き、剥離した皮膚を安定させて出血や排液によるトラブルを防ぐ処置を行います。そのため、術後3〜5日間は感染症予防のため運動と入浴を避けていただきます。(シャワーのみ可能)

ワキガ・多汗症治療には健康保険を適用できますか?

2015年7月現在、誰もが保険適用で受けられるというわけではなく、医師の診断により「腋臭症(ワキガ)」であると認定された場合のみ保険適用が可能です。また、保険適用治療の場合は術後も傷跡が目立ちやすくなるなどのトラブルも多く報告されているようですので、カウンセリングで実際の症例を事前に確認することをおすすめします。

ワキガ・多汗症の手術をすると脱毛も同時にできるって本当?

切開を伴うワキガ治療の手術の場合は、脱毛効果もあります。汗腺と毛根はごく近くにあるため、汗腺を除去すると同時に毛根も一緒に取り除くことができます。

緊張すると汗が噴き出すのは多汗症?

多汗症でなくても、誰でも緊張したりプレッシャーを感じると一時的に汗を大量にかいたりすることがあります。これを「精神性発汗」といい、多汗症とは無関係な交感神経の反応です。多汗症は汗をかく状況でもないのに汗だくになったり、手が汗によっていつも湿っていて仕事や生活に支障がでる場合をいいます。現在は注射だけで汗の分泌を一時的に抑えることができる治療もあるため、まずクリニックへご相談いただくことをおすすめします。

「日常生活に支障をきたすレベルの多汗症」の判断基準は?

「服に汗ジミができて他人の目が気になる」「すぐに汗びっしょりになって服を着替える必要がある」「汗と臭いが気になって他人とのコミュニケーションがうまくいかない」「1日に何度も制汗剤を塗らないと汗を抑えられない」「書類や携帯電話などが汗でびしょびしょになる」など、さまざまな症状があります。特に汗がふきだすことが気になって他人と会話することも気が引けるような状況がある場合は、神経質になりすぎて余計に症状を悪化させている場合もありますので、まずはドクターの診断を受けることで、あなたに最適な治療法が見えてきます。

多汗症になる原因は?

多汗症にはふたつの種類があり、明確な原因が存在しない「原発性多汗症」と、遺伝によるもの、内服している薬が原因となっているもののほか、バセドウ病や糖尿病結核などの臓器疾患の症状のひとつとして現れる「持続性多汗症」に分けられると言われています。ホルモンバランスの影響も大きく、40〜50代になると男女ともに更年期を迎え、交感神経のバランスが崩れて多汗症を発症することがあります。内臓疾患や薬が原因の場合は、元となる病気を治療すれば多汗症も同時に改善されますが、明確な原因がわからない多汗症の場合には注射で一時的に汗を抑える治療と並行して、多汗症になった原因を明らかに必要があります。

ワキガと多汗症の違いは何?

ワキガは大汗腺と呼ばれる「アポクリン腺」の大きさが大きく、また汗腺の数も多いことによって、分泌物が分解される時の臭いが症状のひとつとして現れますが、多汗症は小汗腺と呼ばれるサラッとした汗を出す器官の「エクリン腺」が内臓疾患や精神的ストレスなどによって正常に機能しなくなることによって起こる病気です。ワキガは非常に強い臭いを発しますが、多汗症の場合は大量の汗をかくことが特徴的な症状です。

ドライRF(高周波治療)は1回で完全に治るの?

ほとんどの方が1回の治療で改善していますが、ドライRFは症状が軽度〜中度の方に適したワキガ治療法ですので、症状が強い方に関しては術後も症状が残ってしまう可能性があります。そのような方にはカウンセリングの際に手術による治療をおすすめしています。

ドライRFのニードルを刺すときの痛みはどれくらい?

ニードルを刺す前に、ワキ全体に局所麻酔を注入するため、施術中の痛みはほとんどありません。ただし、麻酔注射を刺すときにも痛みを伴うため、注射の痛みにも耐えられない!という方には、皮膚に塗るタイプの麻酔クリーム(表面麻酔)もご用意していますので、あらかじめご相談いただくことをおすすめします。

ドライRF後、どれくらいの期間で効果を実感できるの?

高周波を照射した瞬間から汗腺の働きはストップするので、治療直後から汗と臭いが改善された効果を実感できます。ただし、洋服にワキガの臭いや細菌が付着している場合はこの限りではありません。

わきボトックス注射はすぐに効果を実感できるの?

注射後すぐに汗腺機能に働きかけて汗を抑制しはじめますが、効果を実感できるようになるまでには7日〜14日ほどかかります。

手術のあとに圧迫固定をする場合、何日くらい固定が必要?

3~5日間はガーゼと包帯による圧迫が必要ですが、日常生活に支障のない程度の動きは可能です。さらに7日~10日後に縫合部分を抜糸します。その間は腕を激しく動かしたり、重いものを持ったりしないように注意してください。

通院せずに手術を受けることはできるの?

切開を伴う手術を行った場合には、7〜10日後に縫合部分の糸を取る「抜糸」がどうしても必要となります。通院が難しい場合には、皮膚をまったく切開しないドライRF(高周波治療)がおすすめです。症状が強い方には適さない場合もございますが、まずはカウンセリングでドクターにご相談いただくことをおすすめします。