雀卵斑

そばかすと同義。医学用語としては「雀卵斑 (じゃくらんはん)」といいます。直径3~5mmの細かい茶褐色の斑が散在します。5~6歳頃から青春期までに出始めます。常染色体優性遺伝形式をとり、白人に多いと言われています。そのような遺伝背景のある人は、主に日焼けで、紫外線に当たるとメラニン色素を合成する酵素が活性化され、皮膚にメラニンが沈着して色が濃くなったり、数が増えたりします。

そのため予防として紫外線防御が重要となります。治療としてはレーザー治療が有効でQスイッチルビー、フォトレーザーやレチノイン酸治療が行われます。

クリニックによってはケミカルピーリングや漂白剤を用いたりしますが、いずれの治療も治療後のケア(保湿や遮光など)は大切です。

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科(美肌・レーザー)
フィラー(注入治療)
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約