東京美容外科 大阪 梅田院

わきがが気になる(>_<)!

2015 / 09 / 02

みなさま こんにちは(^v^)

東京美容外科 大阪梅田院でございます♪

 

をかく季節。ノースリーブの季節。

ん?ってる??

でも人には言えない。。。

 

みとしても多い

多汗症、わきが

 

悩んでいる時間がもったいない!!

少しでも早く来て下さい!!!

気にせずに楽しい生活を送りましょ(^^♪

 

ワキ ボツリヌストキシン注射

施術のポイント

注射だけなので安全で痛みの無い日帰り手術が可能なわきが対策です。注射で傷跡を残さず、汗の分泌を減らし、ニオイも軽減することができるわきが対策です。1回の治療時間は5分程なので日常生活に殆ど制限はありません。

アメリカでは、FDA(米食品医薬品局)で認可され、その安全性はすでに確立しています。

・期間限定でニオイと汗を抑えたい

・シャツに汗が染み込むのが気になる方

・注射なので手のひらのような皮膚の薄い部分の手汗を抑える対策も可能

東京美容外科のワキガ・多汗症抑制注射でわきが対策することがおすすめです(^v^)

ドライRF

施術のポイント

高周波をワキに照射して、汗と臭いの元となる汗腺を安全に収縮させて破壊し、わきが・多汗症を治療することができます。大人だけでなく中学生からのお子様のわきがも治療でき、メスを一切使用しないので傷痕が残ることもありません。

 

■高周波でわきがの治療ができる理由
わきがや多汗症は、皮膚の内部にあるふたつの汗腺「エクリン腺(汗の元)」と、「アポクリン腺(ニオイの元)」が原因です。
手術によるわきが治療では、ワキの皮膚を数cm切開してこれらの汗腺を除去して治療をしますが、ドライRFでは皮膚をまったく切開することなく、高周波の熱によってふたつの汗腺を安全に破壊することができます。

■高い安全性
高周波を照射する際に、ワキに局部麻酔をしたうえで、滅菌消毒された専用ニードル(針)をワキに刺して汗腺に集中して熱を与えます。そのため、周辺組織を傷つけることもないため、安全性に優れています。

■短時間で終了
両ワキで10~15分と、ごく短時間で照射が完了するため、身体への負担が非常に少なく済みます。

■痛み・腫れがほとんどない
局部麻酔は注射で行いますが、照射中の痛みや術後の腫れがほとんどありません。

■お子様のわきがも治療できる
圧迫固定が必要ないため、動きの活発なお子様でも治療ができます。

■深いところにある汗腺にもしっかり届く
ドライRFのニードルは6〜10mmまで自由に調整できるため、一人ひとり異なる汗腺の深さに合わせて的確な照射ができます。

 

 

ぜひ、東京美容外科で明るい笑顔になってください(^v^)