局所麻酔

局所麻酔(きょくしょますい)とは意識消失を伴わない麻酔で、これに対し意識消失を伴う麻酔を全身麻酔といいます。主に、侵襲性の低い手術や簡単な救急処置などで用いられます。麻酔薬を局部に作用させ末梢神経の活動を抑えますが、投与法、遮断部位によって表面麻酔、浸潤麻酔、伝達麻酔に分けられます。以下、次の大きく2つについて説明します。伝達麻酔については伝達麻酔のページをご覧ください。

浸潤麻酔法

キシロカインなどの麻酔液を注射する方法で、その部分を局所的に麻痺させて痛みを除去します。
美容外科では皮膚切開、縫合など体表面の処置や小手術(二重、隆鼻術、ほくろとり、傷の修正術など)の際に最もよく実施される方法で、歯医者の麻酔や、一般病院でも小手術・処置(気管切開、胸腔ドレナージ、中心静脈路確保など)の際に非常に頻繁に用いられている方法です。東京美容外科では極細の麻酔専用注射針を使用しており、麻酔の痛みも最少限です。

表面麻酔法

皮膚や粘膜の表面の麻酔であり、キシロカインなどの麻酔液のクリーム、スプレー、シール(ペンレス)を塗布することにより、その部分を局所的に麻痺させて痛みを緩和・除去します。

美容外科ではクリニックにより差異はありますが、強いレーザー照射や注射の前処置にクリーム塗布やシール(ペンレス)を使用したり、二重など目の手術の際の目薬の麻酔などを使用する場合が多いと思われます。
一般病院でも、キシロカインゼリーを全身麻酔の挿管時や、尿道カテーテル・胃管・胃カメラ挿入時など、その用途は広いです。

表面麻酔浸潤麻酔|伝達麻酔

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科(美肌・レーザー)
フィラー(注入治療)
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約