気になるほくろの除去方法

顔のホクロは本人のイメージに影響する

ほくろは幼い頃からあるものもあれば、ある日気づいたら突然できていたことを知るものもあるはずです。このようなほくろは気にならない人もいますが、場所によってはかなり気になってしまうこともあります。また、顔のどこかに大きなほくろができてしまうと、周囲の人々に与える印象もそれまでのものとは変わってきてしまいます。そのため、ほくろには自分のイメージに大きく影響を与えてしまう力があることを知った上で、ほくろ除去という方法もあることを覚えていきましょう。ほくろの悩みが生じた場合には、それを消すことも可能とされています。


ほくろってどうしてできるの?

ほくろの名称はよく知られていますが、これはあくまでも俗称であって正式には色素性母斑と表現されるものです。皮膚の一箇所にメラノサイトと呼ばれる細胞が集まってきて、このような状態になるとそこが黒く見えてしまったりするのです。これがほくろなのです。つまり、ほくろは特定の細胞が集まったものと言えますが、あまりに大きくなってしまうと顔を不格好なものにしてしまうケースもあるのです。チャームポイントになるようなケースもありますが、たいていの場合にはそうでもありません。そのため、ほくろ除去を検討する人も多いようです。


ほくろを取るメリットって何?

顔にあるほくろは他人からも見えますし、体にあるほくろも時と場合によっては誰かに見られることがあります。それがチャームポイントのように好印象なものとして見えればいいのでしょうが、そうではないケースもありますので、除去したいと考えるならばほくろ除去をおこなっておきたいものです。しかし、ほくろを除去する際に確実に覚えておきたいのは、自分でほくろを除去することは避けておきたいということです。自分でヘタに手を出すと取り返しのつかないことになる恐れもゼロではないので、クリニックなどで医師の手を借りておきましょう。


ほくろって気軽に除去できるの?

色が黒くて大きなものになるとかなり目立ってしまうのがほくろですが、このほくろ除去をおこなう際にクリニックを活用している人もたくさんいます。クリニックなどではレーザーを用いたほくろ除去が多くなっていますが、これは短時間で終わらせてもらえるケースも目立っているのです。つまり、時間をかけずにほくろを消したいと考えるような場合であっても、その願いを叶えてもらえるクリニックもあるのです。しっかりと説明を聞いた上で検討してみてもいいのではないでしょうか。このように、ほくろ除去は気軽におこなえる時代になっていると言われています。

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科(美肌・レーザー)
フィラー(注入治療)
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品・メディカルコスメ
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約