プロテーゼ入換え術(隆鼻術)

過去にプロテーゼによる隆鼻術を受けた方で、次のような方はプロテーゼによる入換え術(修正術)も可能です。入換え術や抜去を希望する人の理由は様々あります。

  • (1)鼻筋が曲がっている

  • (2)鼻筋(プロテーゼの部分)がグラグラ動く、痛みがある

  • (3)ラインが不自然でプロテーゼの存在がわかる

  • (4)鼻の高さの不具合(高さの不足、もしくは過剰)

  • (5)不具合はないが、かなり長期プロテーゼが挿入された結果、皮膚が薄い

もちろん、個々の症状によってこれらの程度は様々であり、実際に診察しないとわからない場合もあります。例えば(1)の場合など、もともとの手術前の鼻に「左右差や鼻筋の曲がり」があったため、プロテーゼを入れた結果、それらが強調されてしまった場合なども考えられます。プロテーゼを抜去したり、再挿入、もしくは改善することができます。まずは諦めずにご相談ください。

お電話でのご予約はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約

この記事の監修医師

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長
麻生 泰 医師

・慶應義塾大学医学部 非常勤講師
・日本形成外科学会
・日本美容外科学会
・日本マイクロサージャリー学会

プロフィール詳細はこちら

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長 麻生 泰 医師

鼻・鼻筋の関連記事

    鼻整形の目的別でみる施術方法

    その他

    鼻・鼻筋施術の症例写真