自家組織移植法(隆鼻術)

自分の組織であるため異物反応は起こりませんし、組織同士が固定・癒着するので、動いたりすることがないという利点があります。

【短所】

長期的には吸収、変形などの問題もあり、素材(軟骨や筋膜)の厚さの調節などが難しく、美しい鼻のラインを得るにはかなりの熟練した技術が必要となります。気に入らなかった場合の修正・再手術も難しく、そういう意味では自分の軟骨や筋膜よりも、プロテーゼの方が一般的に良い結果が出やすいと言えます。

【自家組織】

自家組織(ドナー)の軟骨や筋膜を採取するので、その部位にほとんど目立ちませんが傷の線は残ります。軟骨を採取する部位としては、耳介軟骨、肋軟骨、鼻中隔軟骨が一般的です。筋膜を用いる場合は側頭筋膜や大腿筋膜を採取することが多いです。

種類

【1.耳介軟骨】

耳介軟骨は耳の後ろにある軟骨です。大きな量を確保しにくいですが、採取が容易であり、隆鼻術移植後の吸収が少なく、柔らかく弾力性に富み、削ったりの細工や加工がしやすいため、隆鼻術の自家組織移植法の材料としてよく使用されます。ただし、耳介軟骨は弯曲のある軟骨のため、鼻根~鼻背の直線的な場所への移植より、鼻尖部の方がこの曲線を利用できるため適しています。

【2.肋軟骨】

肋軟骨は十分な量の採取が可能です。鼻背の高さをしっかり出したい場合などは肋軟骨が適応になりますが、採取に際して前胸部に切開創の傷が残ります。また、全身麻酔ですることが多く、他の自家組織(ドナー)よりはやや大掛かりな手術の印象があります。

【3.鼻中隔軟骨】

鼻中隔軟骨の採取量は多くありません。高さをしっかり出したい場合は不向きであり、鼻背の高さを薄く出したいときや、鼻尖形成などに鼻中隔軟骨移植が適応になります。鼻尖形成の際には鼻中隔軟骨を支柱として移植し、鼻尖を高くします。

【4.筋膜】

筋膜はシート状なので、軟骨に筋膜をロール状に巻きつけて鼻背の高さを出すのに用いたりします。筋膜を単独で用いると、あまりシャープな形に仕上げにくいので、軟骨と併用することが多くなります。

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科(美肌・レーザー)
フィラー(注入治療)
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約