診療の流れ

手術前までの流れ
Before

01

医師とのカウンセリング・診察

イメージ

施術前に、担当医師が気になる症状や身体の状態についてお伺いします。 患者さまのご要望などをお伺いした後、施術法や施術内容に関してしっかりとご説明いたします。

考えられるトラブルや注意点、術後のアフターケアについても詳しくご説明しますので、ご不明な点や不安なことがありましたら、担当医師に遠慮なくご相談ください。

脂肪注入センターでは、術前のカウンセリングは施術と同じように重要と考えており、患者さまのご希望を完全に理解した上で治療を行っております。

▼

02

施術のお申込みと料金のお支払い

イメージ

施術のお申込みと料金のお支払い

医師とのカウンセリング・診療により患者さまに十分にご納得していただいた上で、手術申込書の記入、手術後の注意事項をお渡しいたします。未成年の方は事前に同意書が必要になります。またはご両親どちらかのご同伴をお願いいたします。

  • ※ 認印(シャチハタ以外)をお持ちください。

お支払い方法について

現金払いのほか、医療分割、各種クレジットカードを取り扱っております。料金やお支払い方法の詳細は、料金・お支払いについてのページにてご確認ください。

料金・お支払いについて詳しくはこちら

手術前の注意事項

  • ※ 妊娠・授乳中の方は一切施術ができませんので、あらかじめご了承ください。
  • ※ 施術予定の6時間前からは飲食を控えてください。

手術当日の流れ
The Day

03

当日診察・術前の写真撮影

イメージ

施術当日、改めて体調を確認させていただき、問題がなければ施術を進めさせていただきます。施術前には、術後の変化をご確認いただけるように写真撮影をいたします。

  • ※ 撮影した写真は術後の経過を確認するための目的以外には使用いたしません。
  • ※ 施術の6時間前から飲食を控えていただきます。
  • ※ 前日は十分に睡眠をお取りいただき、飲酒やタバコはお控えください。
▼

04

全身麻酔・施術

イメージ

清潔に保たれたオペ室にて、麻酔科の専門医が全身麻酔を施します。

施術中は、施術担当医と麻酔科医の2名体制で患者さまの状態管理を行いますので、痛みを感じることなく、リラックスして施術をお受けいただけます。

  • ※コンタクトレンズを着用している方は、施術前に外していただきます。
▼

05

アフターケア

イメージ

施術後は麻酔が覚めるまでオペ室でお休みいただきます。ご帰宅いただくまで看護師が付き添いますのでご安心ください。

看護師が術後の注意事項などについてご説明いたします。施術担当医、麻酔科医の確認が取れ次第、着替えをしてご帰宅いただけます。

手術当日の注意事項

  • ※ 施術当日は安全性を考慮し、自転車・自動車の運転はお控えください。お帰りの際はタクシーや電車などをご利用ください。
  • ※ ノーメイクでご来院ください。
  • ※ 施術後はむくみやすい状態なので、きつい靴やハイヒールの着用は避けてください。

手術後の流れ
After

06

術後診察

イメージ

体調や施術部位に問題がないか術後診察を行います。ご不明な点など少しでも気になることは、何でも担当医師にご相談ください。
また脂肪吸引した部位に固定した包帯を外します。

【施術翌日~7日】

胸を圧迫しない下着(スポーツブラなど)を着用してください。
脂肪吸引した部位を固定します。施術3日後に当院にて外しますので、ご自身では外さないようにしてください。

【施術から7日後】抜糸

再度、患者さまの体調確認と抜糸のためにご来院いただきます。体調に問題がなく、抜糸ができましたら施術は終了です。

施術後の注意事項

  • ※ 施術後の感染防止、抗炎症のため、抗生剤などの内服薬をお出ししますので、必ず服用してください。
  • ※ 内服中の飲酒は控えてください。
  • ※ サポーターによる固定は1ヶ月ほど継続してくただくことをおすすめしています。
  • ※ ワイヤー入りの下着は1ヶ月ほど控えてください。
  • ※ 腫れや炎症を強めるおそれがありますので、激しい運動、ワキや腕への強いマッサージは2~3週間ほど控えてください。
  • ※ 施術後2週間程度経つと皮膚が突っ張った感じがしますが、傷が治る過程で起こるものですのでご安心ください。
    軽くマッサージしていただくと痛みが和らぎます。
  • ※ 施術予定の6時間前からは飲食を控えてください。

ダウンタイムについて
Downtime

施術時間
180~240分程度
日常生活
シャワーは翌日から可能ですが、抜糸までの約1週間はシャワーのみにして下さい。抜糸後は入浴可能です。注入部位は、約3ヶ月は強いマッサージを控えて下さい。
痛み
吸引する脂肪量に比例して痛みが強くなる傾向にあります。下腹部や内腿、背中、臀部は痛みを強く感じる傾向にあります。下腿は痛みと共に浮腫みを強く感じる方がおられます。
内出血
内出血は通常2週間程度で消退します。 内出血部位は時間の経過と共に体の下へと移動することがあります。 内出血軽減の為、術後はサポーターやストッキングでしっかり圧迫してください。 術後翌日までは治療部位を冷やすと内出血軽減効果があります。 術後2日目以降治療部位を温める事により内出血の吸収を早める効果があります。
※治療後からの日数により、冷やす/温めるなどの対応がことなりますので十分注意してください。
腫れ
下腿部の大まかな腫れは1ヶ月程度で消退します。まれに3ヶ月程度残る方もおられます。 頬部の大まかな腫れは1週間程度で消退します。 他の部位の腫れは2週間程度で消退します。まれに1ヶ月ほど掛かる方もおられます。
硬縮
体内が回復していく過程で治療部位が硬くなる症状です。 脂肪が無くなった部分や組織を修復していく過程ですので、ご安心ください。 大まかな硬さがとれるまでは、治癒力の個体差により3ヶ月~半年程度掛かる場合があります。 硬縮期間中はどうしても動かし辛くなりますので、マッサージなどのセルフケアを怠らないようにしてください。
注意点
吸引部位は手術後、一時的に硬くなったり、凸凹が目立つことがありますが、徐々に柔らかくなじんでいきます。最終的に落ち着くのは約6ヶ月です。 脂肪を注入した部位に、しこりの様に硬く感じることがあります。多くは自然に吸収されますが、処置が必要な場合もあります。 脂肪注入を行った部位も手術後、軽い圧迫をすることがあります。医師の指示に従って下さい。
page top