ハイブリッド豊胸

痩せていても大丈夫。
無理なくバストをボリュームアップ

ハイブリッド豊胸とは、シリコンバック挿入と脂肪注入豊胸を組み合わせた施術。

シリコンバッグ挿入後、バッグの縁など形が浮き出てしまう部分に脂肪を注入するので、見た目やさわり心地が自然です。

シリコンバッグのボリューム感、脂肪注入による自然な見た目とさわり心地という両方のメリットを生かして、豊かで自然なバストを実現します。痩せていて余分な脂肪が少ない方でも無理なく確実にバストアップできるのでおすすめです。

こんな方におすすめです

  • 痩せていて余分な脂肪が少ない方
  • 確実にバストをボリュームアップしたい方
ハイブリッド豊胸の治療料金はこちら

ハイブリッド豊胸のポイント

  1. Point1 シリコンバッグ挿入と脂肪注入豊胸を
    併用した施術
  2. Point2 痩せている方でも確実に
    バストをボリュームアップ
  3. Point3 ボリューム感があり、
    自然な見た目とさわり心地

安全性を考え丁寧に脂肪を吸引

脂肪採取(脂肪吸引)は、患者さまの太もも内側または下腹部より採取します。脂肪吸引は体のどの部分からでも良いというわけではありません。脂肪注入には繊維質の少ない脂肪が向いているため、当院では太ももの内側または下腹部より脂肪を採取します。

カニューレと呼ばれる細い管を使い、丁寧に脂肪を吸引するので、吸引部に凹凸ができるリスクは低く、出血も少なく抑えられます。もし吸引部から出血があった場合には、すぐに吸引を終了します。脂肪注入を目的とした脂肪吸引であるため、吸引部が極端に痩せることはありません。

  • バストの形をさらに美しく整えます

    太ももの内側または下腹部から脂肪を吸引し、さらに副乳付近(胸の横)の余分な脂肪を吸引して取り除くと、胸の立ち上がりがきれいに見えます。

  • 内視鏡を使用し安全で丁寧な施術

    シリコンバッグを胸に挿入する際、脇の下や胸の下を切開しますが、通常は脇の下を数センチ切開して行います。

    脇の下を切開する場合、視野が狭くなるため、内視鏡を使用して丁寧に安全に施術を行います。

  • 患者さまに合った方法でバッグを挿入

    患者さまの体の状態(体型や出産経験など)をふまえ、一人ひとりに合わせてシリコンバッグの挿入位置を変え、より自然なバストに仕上げます。

最新のバッグ挿入
「デュアルプレーン法」で、
さらに自然なバストに

「デュアルプレーン法」は、シリコンバックの上側を胸の筋肉(大胸筋)の下に挿入し、シリコンバックの下側を乳腺組織の下に入れる方法です。
バストに圧迫を与えないので、シリコンバックの位置がほとんど変わりません。

胸の下に2重ラインができず、極めて自然なボリューム感のあるバストに仕上がります。垂れてしまった胸のバストアップにも効果的です。

シリコンバッグの挿入方法には、
デュアルプレーン法のほかに3つの挿入方法があります。

  • 乳腺下法

    大胸筋の外側にバッグを挿入することにより、腫れを抑えて自然なバストに仕上げます。

  • 大胸筋下法

    胸のボリュームがない方に向いている豊胸術です。大胸筋の内側にバッグを挿入します。

  • 大胸筋膜下法

    大胸筋と乳腺の間にある筋膜内に入れることで、型崩れしにくく、自然な仕上りになります。

ハイブリッド豊胸の症例写真

Case

  • ハイブリッド豊胸
  • Case01

【20代女性】ボリュームアップ(術後6ヶ月)

    • Before

    • After

    • Before

    • After

    • Before

    • After

  • ハイブリッド豊胸
  • Case02

【20代女性】サイズアップ(術後4ヶ月)

    • Before

    • After

    • Before

    • After

    • Before

    • After

  • ハイブリッド豊胸
  • Case03

【20代女性】サイズアップ&ボリュームアップ(術後1週間)

    • Before

    • After

    • Before

    • After

【リスクと術後の注意点】

術後の清潔、安静を保つため、以下の注意事項をお守りください。

  • 翌日からシャワーは可能です。抜糸までの約1週間は湯船にはつからないようにして下さい。
  • 圧迫(バストバンド)は、医師の指示があるまで外さないようにして下さい。シャワー時は、圧迫(バストバンドを外して頂いて結構です。シャワーの前はガーゼを取ってお浴び下さい。
  • ブラジャーは、医師の指示があるまで付けないで下さい。
  • 約2週間は脂肪を吸引した所、注入した所はいずれも、強い腫れや内出血が出ることがありますが、徐々に引いていきます。
  • 脂肪を注入した部位に強い力が加わると、変形の恐れがあります。術後3か月は、マッサージ等も控えて下さい。
  • 脂肪の再注入は、術後3~6ヶ月後から可能です。(患部の状態により異なります)
  • 脂肪を注入した部位には、まれにシコリが出来る場合があります。多くは自然に吸収されますが、処置が必要な場合もあります。
  • 脂肪吸引をしたところは、術後腫脹をきたし、徐々に馴染んできますので、3~6ヶ月間は経過を見て下さい。
  • 治る過程で、皮膚が硬く感じることがありますが、3~6ヵ月間は経過を見て下さい。
  • 上記の予防には圧迫が大切です。術後の圧迫の指示を必ず守って下さい。

ハイブリッド豊胸についてのよくあるご質問

Question

痩せていてもバストアップできますか?
シリコンバッグ挿入と脂肪注入を併用した施術なので、痩せていて余分な脂肪の少ない方に向いています。シリコンバッグでバストのボリュームをUPし、脂肪注入でバストラインを整えるので、痩せている方でも自然なバストアップが可能です。
手術時間はどのくらいかかりますか?
脂肪吸引する部位にもよりますが、麻酔をかけてから施術の終了まで約3~4時間かかります。施術後は麻酔が覚めるまでオペ室でお休みいただきます。入院の必要もありませんので、手術したその日にお帰りいただけます。
手術した傷跡は残りますか?
シリコンバッグ挿入時の傷跡が脇の下に残りますが、脇のしわに沿って切るので、あまり目立ちません。傷跡は時間が経つにつれて徐々に目立たなくなります。脂肪注入は注射器で行いますので、傷跡の心配はありません。
シャワーや入浴はいつからできますか?
翌日からシャワーは可能です。シャワー時は、ガーゼとバストバンド(圧迫)を外していただいて大丈夫です。抜糸までの1週間は湯船につからないようにしてください。
術後に気を付けた方がよいことはありますか?
バストバンド(圧迫)は医師の指示があるまで外さないようにしてください。ブラジャーは医師の指示があるまで付けないでください。術後約2週間は、脂肪吸引・注入した部位に強い腫れや内出血が出る場合がありますが、徐々におさまります。脂肪を注入した部位に強い力が加わると変形の恐れがありますので、術後3ヶ月はマッサージなども控えてください。また、脂肪を吸引した部位は術後膨張をきたし、徐々に馴染んできますので3~6ヶ月は経過を見てください。
バストにしこりができることはありますか?
脂肪注入した部位には、まれにしこりができる場合があります。注入した脂肪の一部は自然に体内に吸収されますが、処置が必要な場合もあります。当院では良質な脂肪のみを注入し、脂肪の定着率を上げることで、しこりができる可能性を低くするよう抑えています。
シリコンバッグの交換など、メンテナンスは必要ですか?
当院で使用しているシリコンバッグは、FDA(米国食品医薬品局)によって安全性が証明さてれいます。何か問題がない限り、シリコンバッグの交換などのメンテナンスは必要ありません。
page top