脂肪注入豊胸

自分の脂肪を使うから安心。
自然な形でバストアップ

美容先進国 韓国の技術を取り入れ、最新機器を使って自分のお腹や太ももといった部分から余分な脂肪を吸引し、不純物を除去。

純度の高い良質な脂肪だけを胸に注入するので、体への負担も少なく安心です。また、自分の余分な脂肪を胸に注入してボリュームアップさせるので、ボディラインも改善できます。

脂肪吸引と豊胸を一緒に行うことで、メリハリのあるボディラインが実現。

こんな方におすすめです

  • 加齢や授乳でバストが下垂してお悩みの方
  • 大きさや形などバストにコンプレックスのある方
  • シリコンバッグを既に入れていて、さらに美しいバストラインをご希望の方
脂肪注入豊胸の治療料金はこちら

脂肪注入豊胸のポイント

  1. Point1 自分の余分な脂肪を吸引し、
    胸に注入してバストアップ
  2. Point2 良質な脂肪だけを胸に注入するので、
    安全性が高い
  3. Point3 傷口が小さく、
    傷跡も目立ちません
  4. Point4 見た目やさわり心地も自然。
    他人に豊胸だと気づかれにくい
  5. Point5 脂肪を注入する位置によって、
    くっきりとした谷間を作れる
  6. Point6 シリコンバッグを既に入れている方も、
    さらに美しいバストに
  • シリコンバッグの縁を目立たせないように、胸の谷間とバッグの縁に脂肪を注入して自然なバストを形成します。

脂肪吸引は何よりも安全性を重視

脂肪採取(脂肪吸引)は、患者さまの太もも内側または下腹部より採取します。脂肪吸引は体のどの部分からでも良いというわけではありません。脂肪注入には繊維質の少ない脂肪が向いているため、当院では太ももの内側または下腹部より脂肪を採取します。

カニューレと呼ばれる細い管を使い、丁寧に脂肪を吸引するので、吸引部に凹凸ができるリスクは低く、出血も少なく抑えられます。もし吸引部から出血があった場合には、すぐに吸引を終了します。脂肪注入を目的とした脂肪吸引であるため、吸引部が極端に痩せることはありません。

最新技術でバストの形をより美しく

太ももの内側または下腹部から脂肪を吸引し、さらに副乳付近(胸の横)の余分な脂肪を吸引して取り除くと、胸の立ち上がりがきれいに見えます。多めに脂肪を注入しても定着する脂肪が少なくなってしまうので、胸全体に脂肪を注入する場合は、期間をあけて脂肪吸引・注入が必要となります。

  • 術後しばらくは、吸引部にストッキングやサポーターを着用してください。
  • 脂肪注入後、最終的な胸の大きさは約2~3ヶ月経つと落ち着きます。胸のマッサージは3ヶ月程控えてください。

脂肪注入豊胸の症例写真

Case

  • 脂肪注入豊胸
  • Case01

【20代女性】ボリュームアップ(約4cmアップ)術後6ヶ月

    • Before

    • After

    • Before

    • After

    • Before

    • After

【リスクと術後の注意点】

術後の清潔、安静を保つため、以下の注意事項をお守りください。

  • シャワーは翌日から可能ですが、抜糸までの約1週間はシャワーのみにして下さい。抜糸後は入浴可能です。
  • 約1週間後に抜糸を行います。
  • 手術当日より、吸引を行った部位は圧迫を行います。術後の腫れをおさえたり、血腫等の合併症予防にもとても大切なので、圧迫の指示を必ず守って下さい。
  • 吸引部位は手術後、一時的に硬くなったり、凸凹が目立つことがありますが、徐々に柔らかくなじんでいきます。最終的に落ち着くのは約6ヶ月です。
  • 脂肪注入を行った部位も手術後、軽い圧迫をすることがあります。医師の指示に従って下さい。
  • 脂肪を注入した部位に、しこりの様に硬く感じることがあります。多くは自然に吸収されますが、処置が必要な場合もあります。
  • 注入部位は、約3ヶ月は強いマッサージを控えて下さい。

脂肪注入豊胸についてのよくあるご質問

Question

手術時間はどのくらいかかりますか?
脂肪吸引する部位にもよりますが、麻酔をかけてから施術の終了まで約3時間かかります。施術後は麻酔が覚めるまでオペ室でお休みいただきます。入院の必要もありませんので、手術したその日にお帰りいただけます。
手術した傷跡は残りますか?
脂肪吸引はカニューレと呼ばれる細い管を使って行うので、傷口は小さく、時間が経つにつれて徐々に目立たなくなります。脂肪注入は注射器で行いますので、傷跡の心配はありません。
シャワーや入浴はいつからできますか?
翌日からシャワーは可能です。シャワー時は、ガーゼとバストバンド(圧迫)を外していただいて大丈夫です。抜糸までの1週間は湯船につからないようにしてください。
術後に気を付けた方がよいことはありますか?
バストバンド(圧迫)は医師の指示があるまで外さないようにしてください。ブラジャーは医師の指示があるまで付けないでください。術後約2週間は、脂肪吸引・注入した部位に強い腫れや内出血が出る場合がありますが、徐々におさまります。脂肪を注入した部位に強い力が加わると変形の恐れがありますので、術後3ヶ月はマッサージなども控えてください。また、脂肪を吸引した部位は術後膨張をきたし、徐々に馴染んできますので3~6ヶ月は経過を見てください。
バストにしこりができることはありますか?
脂肪注入した部位には、まれにしこりができる場合があります。注入した脂肪の一部は自然に体内に吸収されますが、処置が必要な場合もあります。当院では良質な脂肪のみを注入し、脂肪の定着率を上げることで、しこりができる可能性を低くするよう抑えています。
時間が経つとバストが小さくなったりしませんか?
脂肪注入の場合、注入した脂肪の一部は体内に吸収されますが、生着した脂肪は半永久的に効果が続きます。 脂肪注入後、最終的な胸の大きさは約2~3ヶ月経つと落ち着きます。さらにバストを大きくしたい場合、脂肪の再注入は術後3~6ヶ月後から可能です。(患部の状態により再注入できる期間が異なります)
page top