ボトックス(エラ)

日本人はエラが張った輪郭の持ち主が多く、特に女性は、「ひとまわり小顔になりたい」とか、「角張った顔がイヤ」「卵型のような輪郭になりたい」とエラを気にする人が多いようです。ボトックスの注射を咬筋に注入するだけで治療できます。咬筋の厚い方はよい適応です。腫れたりなどのダウンタイムも最小限です。

ボトックスは筋肉に直接作用し、個人差、薬の量にもよりますが4~6ヶ月間その筋肉の動きを抑制し、筋肉萎縮させる効果があります。ボトックス注入で咬筋が萎縮しても物はちゃんと噛めますので心配ありません。物を噛む咀嚼筋(そしゃくきん)には、咬筋以外に「側頭筋」、「内側翼突筋(ないそくよくとつきん)」、「外側翼突筋(がいそくよくとつきん)」があり、これらの筋肉が代わりに働いています。

お電話でのご予約はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約

この記事の監修医師

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長
麻生 泰 医師

・慶應義塾大学医学部 非常勤講師
・日本形成外科学会
・日本美容外科学会
・日本マイクロサージャリー学会

プロフィール詳細はこちら

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長 麻生 泰 医師

小顔・輪郭・顎(あご)・エラの治療・整形の関連記事

    輪郭形成・小顔の目的別でみる施術方法

    小顔・輪郭・顎(あご)・エラの治療・整形施術の症例写真