目の下の脂肪再配置(裏ハムラ法)

  • メイク可能
  • 日帰りOK

こんな方におすすめ

  • 目の下に凸凹があり老けて見える
  • 目の下の黒いクマを改善したい
  • 目元をスッキリ若々しくしたい
  • 傷を残さずにクマをなくしたい
  • 目の下のたるみが目立ってきた

施術のポイント

裏ハムラ法(経結膜的眼窩脂肪移行術)とは、目の下の黒クマやたるみを改善する治療法のひとつで、腫れなどダウンタイムもほとんどないことが特徴です。下まぶたの裏側から切開し、眼窩(がんか)脂肪をくぼんだ部分へ移動させ、スッキリした目元になります。 裏側から切開するため、肌表面から傷跡が見えることもなく、他人に気づかれにくい治療法です。

  • 料金
  • 症状・体験談
  • よくある質問
  • 関連動画・記事

裏ハムラ法は下まぶたの裏側から施術を行うため、非常に高度な技術を必要とする治療です。顔の血管や神経、筋肉、骨膜などの構造を充分に理解し、組織を傷つけないように治療を行います。

裏ハムラ法は目の下に凸凹ができてしまい、窪んだ部分に影ができることから生まれる黒クマの改善に効果的です。

目の下のクマの種類

黒クマ:目の下の凸凹が原因の影クマ

眼窩脂肪が年齢とともに目の下へ移動、突出することから目の下に凹凸ができますが、この突出が大きいほどたるみも大きくなって窪んだ部分が影となるため黒いクマができます。

青クマ:血液が溜まって透けるクマ

血行不良が原因で起こる青いクマ。もともと目の下の皮膚は薄く、血行が悪くなりがちなのですが、睡眠不足やストレスなどで、さらに血行が悪くなると目の下に血液が溜まるため、青く透けて見えます。青クマ治療にはイントラジェンによる治療も効果的です。

茶クマ:肌の色素沈着が招くクマ

茶色いクマで、皮膚に色素沈着することで生じます。皮膚を引っ張ると色が薄くなるのが特徴で、上まぶたにも同様の色素沈着を生じることが多く、目のまわり全体が黒ずんで見えます。茶クマ治療にはフォトフェイシャルによる治療も効果的です。

ハムラ法との違い

ハムラ法では皮膚側を切開しますが、裏ハムラ法では結膜側、つまり下まぶたの裏側から切開します。下まぶたのふくらんでいる部分の脂肪を窪んでいる方へ移動させ、さらに凸凹を同時に解消することができます。目に見える部分に傷跡が残らず、皮膚の切除を行わないため、腫れと内出血が非常に少ない方法です。ただし、腫れと内出血には個人差がありますので、カウンセリングの際に医師にご相談ください。

より安全で長期的な効果が得られる裏ハムラ法

窪んだ部分にヒアルロン酸や脂肪を注入する方法もありますが、これは時間とともに体内に吸収されるので長期的な効果は望めません。裏ハムラ法なら半永久的な効果が期待できます。 またご自身の脂肪を利用するため、アレルギーの心配がありません。 脱脂法とは違い、脂肪を除去する手術ではありません。

施術方法

  • 下まぶたの裏側を切開

    結膜側(下まぶたの裏側)の瞼板下を切開します。

  • 過剰な脂肪を移動

    眼窩筋の下の眼窩下縁を剥離します。眼窩筋の内側にある眼窩隔膜(脂肪を包んでいる膜)と、脂肪を眼窩下縁の下のくぼんでいるところに移動させてから骨膜に固定。凸凹を調整します。

  • 縫合して終了

    切開部を極細の吸収糸で丁寧に縫合します。この糸は吸収される安全性の高い糸なので抜糸の必要はありません。

特徴

  • 麻酔 点眼麻酔・局所麻酔
  • 施術時間 約120分~150分
  • 腫れ 3~7日(個人差あり)
  • 入院 不要
  • 通院 必要(術後チェックのみ・抜糸不要)
  • シャワー 当日可
  • メイク 当日可 ※コンタクトレンズは1週間後から使用可

目の下の脂肪再配置(裏ハムラ法) の料金

施術方法 料 金
目の下の脂肪再配置(裏ハムラ法) 605,000円(税込)
  • ※他院修正は各料金の20%アップで対応いたします。
  • ※麻生統括院長の施術料金は通常料金より20%アップとさせていただきます。

モニター募集

目の下の脂肪再配置(裏ハムラ法) のリスク・副作用と術後の注意点

術後の清潔、安静を保つため、以下の注意事項をお守りください。

  • 平均的な腫れの期間は埋没の場合3日程度です。目立たない腫れは1~2週間かけ徐々に引いていきますのでご安心ください。
  • 内出血が出た場合、青紫色から黄色に変化し体内へ吸収され2週間程で徐々に肌色へ戻っていきます。
[料金]605,000円(税込)

【下瞼ハムラ法|ok6785】目の下のクマを解消して目元をすっきり の症例写真

もっと見る

涙袋orクマ 簡単セルフチェック の症例動画

もっと見る

目の下の脂肪再配置(裏ハムラ法) のよくある質問

Q.ハムラ法と裏ハムラ法の違いはなんですか?

A.ハムラ法は、目の下の皮膚を切開して行うたるみ取り治療のひとつで、裏ハムラ法は皮膚を切開せずに目の下の膨らみ、たるみを改善する治療のひとつです。

Q.ハムラ法と比較して、ダウンタイムに違いはありますか?

A.裏ハムラ法は、ハムラ法と比較して皮膚を切開していないためダウンタイムが短い傾向にあります。

目の下の脂肪再配置(裏ハムラ法) の関連記事

  • 特長・料金
  • 症状・体験談
  • よくある質問
  • 関連動画・記事

関連施術

埋没二重

人気の高い埋没法で自然な二重

まぶたの脂肪取り

スッキリとしたまぶたに

切開二重(全切開)

華やかで美しいくっきり二重

アーモンドアイ ボツリヌストキシン

切らずに注射だけでできる垂れ目形成

眼瞼下垂

魅力的で自然な仕上がりに

目頭切開

大きく華やかな目元に

蒙古ヒダ形成(目頭切開修正)

切りすぎた目頭も優しく可愛らしい目元に!

目尻切開

目尻で雰囲気のある目元を演出

目の上のたるみ取り/ブローリフト

老けて重たく見られる目元をスッキリ

ヒアルロン酸涙袋形成

ぷっくりとした涙袋で可愛らしい印象に

目の下のたるみ取り(皮膚切除)

老けて重たく見られる目元をスッキリ

目の下のたるみ取り(ハムラ法)

目の下の黒クマを解消して目元をスッキリ

東京美容外科の特長

目の下の脂肪再配置(裏ハムラ法) が治療可能な院