飲むと打つのじゃどう違う?プラセンタ注射の実力とは?


プラセンタにはいろいろな種類がある!?

一口にプラセンタといっても、その種類はさまざまです。プラセンタの母体となる動物はヒト、豚、馬、羊などが挙げられますし、植物由来のプラセンタもあります。植物由来の製品は「プラセンタと同じ効果が得られる」という理由で、プラセンタとして販売されています。
ヒト由来のプラセンタは医薬品ですので、医療機関での処方が必要です。そのため一般に流通しているプラセンタは豚、馬、羊由来のものになります。中でも生産性やコストの面から、日本では豚由来のプラセンタが主流です。一方でアミノ酸が多く含まれる馬由来や、人体への吸収力が高い羊由来も、希少性が高く人気があります。

飲むプラセンタってどんなものがある?

飲むプラセンタには、いろいろなものがあります。カプセル状のサプリメントや錠剤、ゼリー、ドリンクなど好みに合わせて選ぶことが可能です。中には飲みやすいフルーツ味のプラセンタや、ほかの美容成分と配合してある商品もあります。
プラセンタの効果を十分に実感したい方は、成分表などをよく読み自分に合った商品を選びましょう。せっかくプラセンタサプリを摂取していても、プラセンタの含有量が極端に少なくては効果を期待できません。飲むプラセンタは吸収に時間がかかるため、継続的に摂取することも大切です。

プラセンタ注射とは?その種類と効果を知りたい!

プラセンタ注射には「メルスモン」と「ラエンネック」という2つの種類があります。この2つは厚生労働省より認可を受けているヒト由来のプラセンタです。ヒト由来なので人体への馴染みがよく、安全性の高さが特徴となっています。一般的にメルスモンは更年期障害に、ラエンネックは肝機能障害にとくに効果を発揮します。
もちろんプラセンタ注射は医療目的だけでなく、美容にも用いられています。美白や保湿、コラーゲンの生成、血行促進などあらゆる美容効果が期待できます。注射針から直にプラセンタを体内へ送りこむため、効き目を早く実感できることが魅力です。

プラセンタ注射ってどこで受けられる?

美肌効果やアンチエイジングを期待できるプラセンタ注射。実は、美容外科だけでなく内科や皮膚科など一般的な医療機関でも受けることができます。それぞれの医療機関によって、投与するプラセンタの量や価格が異なりますので、事前によく確認してから受診するといいでしょう。
プラセンタには色々な種類が存在しますが、飲むのと打つのとでは即効性に差が出ます。効果をすぐに実感しやすい摂取方法を選びたい方は、お近くの病院でプラセンタ注射を試してみてはいかがでしょうか?

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科(美肌・レーザー)
フィラー(注入治療)
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約