脂肪注入法(豊胸術)

豊胸術の1つで脂肪注入法は腹部や大腿部などの脂肪を吸引し、その脂肪をバストに注入します。ご本人の脂肪なので、アレルギーや拒絶反応が起こる心配はなく安全です。

バストは切開をせず、針を使って脂肪を注入するので、一切傷が残らないということもメリットがあります。気になる部分は脂肪がとれ、しかも豊胸もできるという素晴らしい利点がありますが、脂肪注入法の欠点は、脂肪の生着率に個人差が強いことです。脂肪生着率は平均30~50%程度と言われます。注入脂肪の大部分は生着しにくく融解・吸収されます。

また、この脂肪が融解・吸収の結果、しこりとして残ることもありますので、乳癌検診(マンモグラフィーや乳房エコー)の際に脂肪注入術された方は、乳癌検診の医師に通知した方が無難かと思われます。

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科(美肌・レーザー)
フィラー(注入治療)
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約