カプセル拘縮

カプセル拘縮(被膜拘縮)とは、人工乳腺バッグの挿入手術後にバッグの周囲に被膜ができて、この被膜が極端に厚くなったり固くなることをいいます。人工乳腺バッグは安全なものですが、シリコンバッグの周囲は異物であるため必ず周囲に線維性のカプセルと呼ばれる薄い被膜が形成されます。これは生理的な体の働きなので全く問題ありません。

しかし稀に、何らかの炎症、もしくは体質によってカプセル(被膜)が極端に厚くなったり固くなることがあり、これをカプセル拘縮と呼びます。表面がザラザラしたテクスチャードタイプの人工乳腺バッグであれば、マッサージなしでも被膜拘縮を予防します。またカプセル拘縮を防ぐには手術の際の出血防止も大切です。

東京美容外科では挿入するバッグに血液を付着させないことも、カプセル拘縮を防ぐ意味で非常に重要と考えています。

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科(美肌・レーザー)
フィラー(注入治療)
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約