ワキガのメカニズム

ワキガは腋窩に存在する汗腺の中の特にアポクリン汗腺が原因となります。皮脂腺とアポクリン汗腺から分泌液が毛穴を通じて出てきます。皮膚表面に存在する常在菌(特に黄色ブドウ球菌)と反応し低級脂肪酸に分解され、これがエクリン汗腺からの汗の水分に溶かされ蒸発し独特な嫌なワキガの臭いを発生します。エクリン汗腺からの発汗で皮膚が湿潤状態となり、細菌(特に黄色ブドウ球菌)が繁殖します。夏場にワキガが強くなるのは、このエクリン汗腺からの発汗が多くなり、腋窩が湿った状態になりやすく、細菌が繁殖しやすい場となるからです。

したがって、汗を抑えることは、程度の差はありますがもちろんワキガを抑えることになります。ワキガであると自覚・認識し始める時期はだいたい女性13~19歳、男性14~21歳くらいで、一版に思春期以降です。思春期以降に性ホルモンの分泌が活発になり、アポクリン汗腺が発達してワキガが発症します。

また、ワキガは常染色体優性遺伝の形式をとるため、高率に家族内発生(遺伝)が見られます。片親がワキガであれば、優性遺伝のため子供が発症する確率は50~100%です。股間部(会陰部)や乳輪あたりからワキガ臭を発する症状もあります。ニオイの原因となるアポクリン腺が、わきの下だけでなく股間部(会陰部)や乳房にも存在するために起こる症状です。アポクリン腺の分布は専門的になりますが、ワキの下の腋窩腺、外耳道にある耳道腺、乳首の周辺の乳輪腺、肛門近辺の肛門周囲腺、瞼にある睫毛腺、鼻にある鼻翼汗腺などに分布します。

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科(美肌・レーザー)
フィラー(注入治療)
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約