塗り薬から手術まで、多汗症の治療法


メスを使わずに多汗症を治すには?

多汗症の治療と言えば、手術を考える方も多いのではないでしょうか。
しかし、多汗症の症状によっては、手術をしないで治療をすることが可能です。
以下に手術以外で可能な治療法をまとめました。
・外用薬
ワキや手のひら等に、塩化アルミニウム液を塗る。
・マイクロウェーブ照射
電磁波による熱を使って汗腺を破壊する治療法。
・内服薬
抗コリン薬など、交感神経に働きかける薬を飲む。
その他、副作用の心配が少ない漢方薬にも多汗症の薬があります。

手術で多汗症を治療するメリット・デメリットは?

手術以外の治療法を試しても治らなかった場合は、ETS手術を検討しましょう。
ETS手術とは、「胸腔鏡下交感神経節遮断術」と呼ばれる内視鏡手術のことです。皮膚を数ミリ切開し、内視鏡を使って発汗の指令を出している交感神経を遮断する手術を行います。傷は目立たない程小さく、短時間で終わる手術ですので、患者の負担も少ないことがメリットです。
しかし、手術後に胸や胴といった身体の他の部分に発汗が増える「代償性発汗」が起こる場合もあります。その程度には個人差がありますが、ずっと汗が止まらない多汗症とは違うため工夫をしながら対応することが可能です。

ワキの多汗症に効果的な治療法

ワキの多汗症で悩みを抱えている場合には、ボツリヌス療法が有効とされています。
ボツリヌス療法とは、ボツリヌス菌のタンパク質から作られた薬をワキ部分に注射する治療法です。薬が交感神経に働きかけ、発汗の信号を遮断します。手術とは違って傷が残りにくく、副作用等も少ないため、気軽に施術を受けられる治療法となっています。
ボツリヌス療法は多汗症を完治できる治療法ではないため、効果の持続期間は半年程度というデメリットもあります。

多汗症治療にかかる費用について

多汗症の治療には、保険が適用する施術としない施術があり、個人の症状によっても異なります。
以下に保険適用の治療法をまとめました。
・イオントフォレーシス療法
・内視鏡手術
・ボツリヌス療法(ワキのみ)
イオントフォレーシス療法は、長期にわたって通院しながら治療する必要があります。
また、ボツリヌス療法は保険適用で3割負担の場合、費用が3万円程度です。
まずは、カウンセリング等で多汗症の悩みを相談し、専門医からアドバイスを受けましょう。

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科(美肌・レーザー)
フィラー(注入治療)
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約