「異常なほどに汗をかく」それ、多汗症ではありませんか?


多汗症という病気について知る

多汗症とは必要な量を超えて汗が出る症状で、汗の量も「いつも手が湿っている」程度の人から「したたり落ちるほど汗が出る」という人まで様々です。
多汗症を判断するのは難しいですが、運動をしたり、緊張をしたりなどの誰でも汗をかいてしまう状況で多く汗が出てしまうのは汗っかきで、リラックスした状態でも大量の汗が出てしまうのが多汗症である可能性が高いという目安になります。
ペンが滑って持てない、パソコンに汗が入り込んで故障してしまうなど日常生活に支障を感じるようであれば、治療を受けることを検討しても良いでしょう。

多汗症になってしまう原因とは?

多汗症には大きく分けて2つの種類があります。
【原発性多汗症】
明らかな原因は解明されておらず、主立った病気もなく健康な人に発症する
【続発性多汗症】
何らかの病気を原因とするか、使用している薬による副作用が関係している
上記の他に、極度の緊張やストレスも発汗の原因として考えられます。
多汗症の症状は体のあらゆる部分に表れるため、手のひらや足の裏、脇の下の他、体全体に症状が出るケースもあります。体の一部のみが発汗する症状を「限局性多汗症」、全身に過度な汗が出る症状を「全身性多汗症」と呼んでいます。

多汗症に効果的な治療方法

多汗症は、症状の度合いによって生活に支障をきたす場合があります。汗の量を抑えたいと思ったときは、症状にあわせて適切な治療をすることが大切です。以下に代表的な治療方法をまとめました。
・外用薬治療
症状が軽い場合に有効な治療法です。
数ヶ月から数年に渡って継続的に薬を使い続けることが必要で、肌荒れなどの副作用もあります。
・水道水イオントフォレーシス療法
週2回程度の通院が必要です。
手や足を水に浸しながら弱い電流を流し、汗腺に働きかけて治療をします。
・ボトックス注射
多汗症治療としての即効性はあるものの、効果の持続は半年程度になります。

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科(美肌・レーザー)
フィラー(注入治療)
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品・メディカルコスメ
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約