汗をあまりかいていないのに体臭が気になる・・・。それ、ワキガかも?


それ、ワキガかも?

激しいスポーツをしたわけでもなく、汗をあまりかいていないのに体臭が気になる…と思った経験はありませんか?
体臭は、汗をかいたあとに時間が経つと発生しやすくなるニオイです。ですが、もし「ワキガ」体質だったとしたら、汗をかいていないときも体からツンとした強いニオイが出やすくなります。
ワキガは汗自体がニオイを発生させる症状ではないため、汗の量が少ないときにも独特な体臭が出る場合があります。ここでは汗とワキガの関係や、ワキガ体質のチェック方法・治療法についてご紹介します。

ワキガの原因とは?汗の量は少ないのに、なぜ体臭がするの?

ワキガとは、ワキの下から酸っぱいニオイがする症状のことです。
汗が出る場所のことを「汗腺」といい、人間の体には「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類の汗腺があります。
エクリン腺とは全身にある汗腺で、サラサラとしたほぼ無臭の汗が出る場所です。一方、アポクリン腺はワキの下や耳の穴など、体の一部にある汗腺。アポクリン腺から出る汗もほぼ無臭ですが、分泌された汗が雑菌によって分解されると、アンモニアなどの物質へと変化します。
ニオイの元となっているのは、ワキの下に多く存在する「アポクリン腺」から発生する汗なのです。

まずは自分で、ワキガ体質をチェックしましょう!

ワキガ体質の人にはさまざまな特徴が見られます。
汗の量だけでなく、普段の生活習慣や体の特徴などをチェックすると、自分が「ワキガ体質」に当てはまるかどうかを知ることができます。主なチェックポイントは、下記の6項目です。
・耳アカが湿っている
・毛深いタイプである
・いつも肌が脂っぽい
・あまり野菜を食べず、肉料理が好き
・ワキガ体質の家族がいる
・服を着ると黄色い汗ジミがつく
毛の多い人はアポクリン腺の数が多く、雑菌も繁殖しやすいという特徴があります。また、脂性肌の人や肉中心の食生活をしている人も、皮膚の表面にある脂肪を栄養にして雑菌が増えてしまうため、ワキガになりやすい体質なのです。

長時間ニオイを抑えたいと思ったら、ワキガ治療を!

強い体臭を抑えるために制汗剤や汗ふきシートを使っていても、効果が継続するのは数時間ほど。外出先で繰り返しケアをすることなく、一日中ワキガのニオイを抑えたいと思ったら、皮膚科や美容外科などでの「ワキガ治療」がおすすめです。
ワキガ治療は、メスを使わないボトックス注射や、ニオイの原因であるアポクリン腺を手術によって取り除く治療法などがあります。「私の体臭はワキガかも。でも、まわりの人には相談しづらい…」と思ったら専門家に相談してみてはいかがでしょうか?

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科(美肌・レーザー)
フィラー(注入治療)
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約