気になるワキガ、冬の間に治療をして、来年はワキガの悩みから開放されよう!


ワキガは汗が混じりあって臭うもの

汗にはアポクリン腺から出るものと、エクリン腺から出るものがあります。その2つの汗のなかでワキガの原因になるのは、アポクリン腺から出る汗です。しかし、アポクリン腺の汗にはほとんど臭いはありません。
アポクリン腺から出た汗が臭いを放つのは、「皮膚上に汗が噴き出た」時です。外気の細菌や有害物質、皮脂、エクリン腺の汗と混ざり合うことで、汗に細菌が繁殖し、独特な臭いを発するのです。
次の夏はワキガに悩まず、楽しく夏を過ごすために、今回は冬の間にできる「ワキガ」の治療法をご紹介します。

冬はワキガの季節です!?

ワキガは汗の量が多い夏がよりにおいがきついと思われがち。しかし、実は「冬の時期のほうが臭い」という事実をご存知でしょうか。その理由は「厚着」と「汗をかかないこと」の2点です。
冬は厚着になり、服の中の通気性が悪くワキガの臭いがこもりやすいのです。また、夏に比べ、汗をかく機会が少なく、新陳代謝が低下しがち。そのため、冬の汗は濃度が濃く粘性の強い汗になり、汗のにおいもきつくなります。
もともと無臭な汗が臭ってしまう「ワキガ」。治療方法はないのでしょうか?

ワキガを治すには

ワキガを根本から治療できる、美容外科のワキガ治療法についてご紹介します。
・吸引法
脇の下をほんの少し切開して、「カニューレ」と呼ばれる細い管を挿入してアポクリン汗腺を吸引・除去する方法です。
・根治療法(反転剪除切開法)
吸引よりも大きな外科手術法で、強いワキガ症状の方に適している方法です。汗腺を根本から取り除いていきくため、ワキガを完全に治したい人に有効な治療方法です。
・ボツリヌストキシン注射
汗の量が多い人に有効な治療方法です。
5分から10分程度の短い時間で施術できるため、手軽に行えることが最大のメリットです。

冬にワキガ治療を行う利点

冬場であれば、外科的な手術を受けた場合でも、術後の傷を周囲に気づかれることなく、ワキガを治療できます。また、夏場と違い汗で患部が過剰に蒸れることも少ないため、術後の経過が良好に進みやすいことがメリットとしてあげられます。
ワキガで悩んでいる方、今年の冬のうちに悩みを解消しませんか?気になった方は、まずは美容外科にワキガの状態について相談してみましょう。汗が気になる夏場を、臭いを気にせず満喫できるわきを手に入れてくださいね。

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科(美肌・レーザー)
フィラー(注入治療)
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約