保湿剤

保湿剤は化粧品、医薬品など数多くの市販薬があります。例えばしみなどの治療で角質を削る治療、具体的にはケミカルピーリングやレーザー治療、レチノイン酸などの治療では、角質を失うため皮膚のもつ「バリア機能」、「水分保湿機能」がダウンします。このため、これらの治療後には保湿剤で補うことが必要になってきます。保湿剤は大きく2つの考え方に基づき2種類があります。

  • (1) 水溶性(吸保湿的)

  • (2) 油性(閉鎖的、閉塞的)

(1)の水溶性(吸保湿性)とは、いわゆる保湿剤の成分が水分を保持することを目的としています。角質にこれらの保湿剤が浸透し、もしくは角質上に付着することで水分を吸収・保持する作用をもつものです。具体的には、グリセリン、プロピレングリコール、尿素、ヒアルロン酸、水溶性コラーゲン、ヘパリンノイドなどの成分です。

(2)の油性(閉鎖的、閉塞的)とは、油性の成分のもので皮膚の上から膜をつくることで皮膚を密閉し、保湿およびバリア機能を高めることを目的としています。具体的には、ワセリン、ベビーオイルなどのオイル、セラミドなどの成分があります。

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科(美肌・レーザー)
フィラー(注入治療)
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約