日光性色素斑

老人性色素斑と同義語。老化現象により起こる、いわゆる一般的な顔の「しみ」。境界がはっきりした茶色のしみで、こめかみにでることも多いです。メラニンの量が増えているというよりも、メラノサイトを含む基底層が何層にもなっている状態で、加齢によって肌の細胞活性や代謝機能が衰えると、古い角質が剥がれにくくなり色素が皮膚にたまりやすく、いつまでも「しみ」として残ることになります。

日光性色素斑(老人性色素斑)は中年以降の顔面・前腕など、日光に暴露することが多い部位に発生し、長い期間にわたって日光を浴びることが繰り返されることも原因としてあげられます。

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科(美肌・レーザー)
フィラー(注入治療)
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約