肝斑治療

肝斑はホルモンと紫外線に影響されるため、紫外線対策やビタミン剤などのサプリメントだけではなかなか治りません。

また、しみの治療でレーザー治療をしますが、肝斑は逆にレーザー治療で悪化することがあるので、レーザー治療をしてはじめて気づかれる場合もあります。妊娠やピルの服用により誘発や憎悪することがあり、肝斑診断の参考になります。(肝斑の治療:トラネキサム酸の内服)内服薬のトラネキサム酸は、色素沈着抑制効果をもち、ビタミンCを併用して服薬する治療が有効です。肝斑の治療はトラネキサム酸の内服が第一選択といえます。

その他、症例やクリニックによってはハイドロキノンなど美白外用剤を併用することもあります。トラネキサム酸の処方で肝斑が改善しても、重なって隠れていた普通のシミにはトラネキサム酸が効かず、このシミは残って消えないこともあります。したがって治療を開始して肝斑が改善される見込みがあっても、やはり紫外線対策は常に必要です。紫外線は肝斑の発症誘因であるだけでなく、新たな別のシミを引き起こすことがあります。新たなシミの予防に、化粧下地として日焼け止めを塗り、上からファンデーションを塗るようにしてください。尚、肝斑の原因については、「肝斑」のページをご覧ください。

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科(美肌・レーザー)
フィラー(注入治療)
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約