肝斑

肝斑とは女性に多く妊娠、ピル服用で急にシミが増えたなど、女性ホルモンのバランスに関わるシミとされています。大きさや形は、どちらかというと不規則で茶褐色なシミですが、顔面に対称的(例えば両頬部の同じ場所など)に突然多くできたしみは肝斑の可能性があるので注意です。主に30~40歳に多く出現し、50歳後半更年期に入ると、急に消えたり薄くなる傾向があります。もちろんストレスもホルモンに影響するので、肝斑が濃くなったりすることがありますし、紫外線の刺激の影響もうけます。

また、一般的に「しみ」の治療ではよくレーザーで治療をしますが、肝斑は逆にレーザー治療で悪化し色が濃くなるので、肝斑が疑わしい場合にはレーザー治療は注意が必要です。治療については、「肝斑治療」のページをご覧ください。

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科(美肌・レーザー)
フィラー(注入治療)
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約