美容整形でボトックス注射がよく使われるのはどの部分?

ボトックス注射にはどんな効果があるの?

ボトックス注射の主成分である「ボツリヌストキシン」は、神経の伝達物質であるアセチルコリンの放出を抑制し、筋肉を一時的に麻痺させる特徴があります。
その特徴を活かして、美容整形の分野では「表情シワの解消」や「発達したエラやふくらはぎの筋肉の痩身」を目的に使用されています。

ボトックス注射は、施術時にはメスを使わず、施術後はしばらくしてから徐々に効果が現れるため、自然な変化を望む方に人気があります。
今回は、人気のボトックス注射の人気治療箇所とその効果についてお伝えします。


一番人気は顔面のシワ取り

ニコッと笑ったり、怒ったときにできる額や眉間のシワ。ボトックス注射は、この表情シワを作る筋肉の収縮を弱め、シワを現れにくくします。

顔面の中でも特に人気なシワ取りは「額のシワ」と「眉間のたてジワ」です。
そのほかにも「目じりのシワ」や「顎のシワ」なども人気です。

施術方法は、シワの原因となる筋肉箇所にボトックスを少しずつ注入します。極細の針を使用するため痛みはほとんどなく、傷跡の心配もありません。
効果は個人差がありますが、数ヶ月から半年ほど持続します。繰り返し注射することでシワを作る筋肉そのものの働きが弱まるため、継続して施術を受けることで、効果の持続期間が次第に長くなります。


エラ張りの解消も人気

エラ張りの原因には、生まれつき骨が突き出ている場合と、エラ周りの「咬筋」という筋肉が必要以上に発達している場合とがあります。
ボトックス注射によってエラ張りを解消できるのは、後者の場合です。よく噛んで食べる人や歯を強く噛みしめるクセがある人、歯ぎしりがひどい人などは、咬筋が発達しやすいのです。

この「咬筋」に直接ボトックス注射し、筋肉の働きを抑制することでエラ張りが解消、スッキリしたフェイスラインを手に入れることができます。
筋肉は継続して使わなければ細くなる性質があるため、咬筋への注射を数回繰り返すことで、ボトックス注射を止めたあともスッキリとしたフェイスラインを維持することができます。


こんな箇所にも?ボトックス注射は幅広い治療に応用可能

美容外科で受けられる3つの治療方法をご紹介します。

【ボツリヌストキシン注射】
ボツリヌストキシンを脇に注射をすることで、汗の分泌を抑えることができます。半年から1年ほど、汗を抑えことができます。

【反転剪除(せんじょ)法】
脇の下1cm程度切開して、エクリン汗腺、アポクリン汗腺を根元から吸い取る方法です。

【全剪除法】
脇の下を切開し、汗腺を1つ1つ根から取り除く方法です。半永久的に効果の期待できる施術です。

わきがは、体質や季節によっても、臭いの程度が変化します。自分一人では臭いの判断が難しい場合があるので、周囲の人に相談しながらケアや治療を進めていきましょう。

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科(美肌・レーザー)
フィラー(注入治療)
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約