今すぐ消したい!法令線をメイクや美容整形で薄くする方法

徐々に気になりはじめる法令線...

小鼻の横から口元にできる「法令線」は、30代から気になりはじめ、ケアを怠っていると溝がどんどん深くなってしまいます。

医学用語では「鼻唇溝(びしんこう)」と呼ばれるこの線、赤ちゃんのころから人は誰しもが持っている線なのですが、加齢とともにお肌の潤いやハリ、筋力がなくなることで徐々に目立つようになるのです。

見た目年齢を老けさせてしまうこの法令線を消す方法として、自分でできるメイク術と美容外科による施術をご紹介します。


法令線を目立たなくさせるメイク術!

法令線を目立たなくさせるためには、コンシーラーとファンデーションの使い方がポイントです。

【コンシーラーの効果的な使い方】
・コンシーラーはお肌のトーンよりもやや明るめ、柔らかいテクスチャーを選びましょう
・法令線の内側から外側にかけて、法令線をまたぐように3~5箇所、コンシーラーをのせます
・法令線の上から下へ、指やスポンジで軽くたたいてお肌になじませましょう

【ファンデーションの効果的な使い方】
・法令線部分は、他の部分よりも薄く塗りましょう
・法令線を中心に、円を描くようにのせると、目立ちにくくなります


法令線を目立たなくさせる美容外科の施術!

法令線を目立たなくさせる美容外科での施術方法を3種類ご紹介しましょう。

【ヒアルロン酸注入】
ヒアルロン酸を直接お肌に注入することで、法令線を解消する方法です。注入したヒアルロン酸は徐々に体内に吸収されるため、法令線解消の効果が持続するのは5ヶ月~10ヶ月程度です。

【糸によるリフトアップ】
糸によってたるんだ頬を吊り上げる施術方法です。溶ける糸と溶けない糸があり、効果は3年から半永久です。

【リフトアップ】
切開して頬部分に溜まった脂肪を切除する方法です。切開部分は髪の毛で隠せる部分であるため、術後の跡も目立ちません。


マッサージやエクササイズも効果的!

美容整形の分野では、お肌のシワを解消する方法として「ヒアルロン酸」が使用されているのです。ヒアルロン酸を直接お肌に注射する施術法で「ヒアルロン酸注入」と呼ばれています。
施術可能な場所も、額の横シワ、眉間のシワ、目元のシワ、ほうれい線、首まわりのシワと広範囲におよびます。また、メスを使うことなく注射器のみで施術可能であるため、施術時間が1箇所あたり10分程度と短く、料金も手ごろであるため「プチ整形」と呼ばれる施術法のひとつです。

ヒアルロン酸に関する知識をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?30代に入って、お肌の乾燥が気になる方は、もしかしたらヒアルロン酸不足が原因かもしれません。ヒアルロン酸を上手に取り入れて、健やかなお肌づくりを目指しましょう。

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科(美肌・レーザー)
フィラー(注入治療)
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約