ちょっとしたテクニックでほうれい線が目立たなくさせる方法


ほうれい線はなぜできるの?

年齢とともに目立つようになる、口元のほうれい線。原因は肌の「たるみ」です。
人間の肌は年齢を重ねるうちに、水分不足や筋力低下により、皮膚がたるみやすくなり、しわが深くなったり、ほうれい線が目立つようになるのです。
深くなればなるほど気になるほうれい線。実は、ちょっとしたテクニックで目立たなくすることができることをご存知でしょうか?今回は、ほうれい線を目立たなくするためのプチテクニックをご紹介します。

メイクアップ時のちょっとしたテクニック

いつものメイクに、肌の色よりも明るいコンシーラーをほうれい線の周辺に塗るだけでOK。明るめのコンシーラーを塗ることで、ほうれい線周辺の肌の色が飛ぶため、ほうれい線が目立たなくなるのです。
ほうれい線周辺の肌は喋るたびに動く部分であるため、コンシーラーの厚塗りは要注意。塗りすぎるとメイクが崩れやすく、コンシーラーを塗った部分だけが浮いてしまいます。たっぷりと塗らずに、指の腹を使って薄く肌に馴染ませることがポイントです。

毎日のスキンケアと一緒に、ほうれい線を薄くするマッサージ

洗顔やお風呂上りのあと、スキンケアを行う際に一緒に行える簡単なマッサージ方法をご紹介します。
・唇の中心に左右の人差指と中指を置きます
・耳の付け根まで、やさしく肌を引き上げます
・ほうれい線部分の肌が薄くなる様子をイメージしながら行いましょう
肌を引き上げるときは強い力でグッと押さえるよりも、やさしい力のほうが肌に負担をかけにくくなります。毎日継続して行うことで、頬のリフトアップやほうれい線解消の効果を期待できるでしょう。

スマホの見すぎがほうれい線を目立たせているかも?!

スマートフォンや携帯電話を使用する際の「うつむき姿勢」。この姿勢は、ほうれい線を目立ちやすくしてしまう原因です。
うつむき姿勢よって、重力が口元に多くかかり、頬はたるみやすくなります。また、顔の表情筋をほとんど動かさないため、凝り固まり、ほうれい線を引き上げるための筋肉も衰えてしまのです。同じ姿勢を長時間続けないよう、操作する位置を工夫したり、休憩や表情筋のマッサージなどを間に挟み、顔の筋肉が凝り固まらないようにしましょう。
ほうれい線を目立たなくさせる、ちょっとしたテクニックをご紹介しました。毎日できることから実践して、ほうれい線の目立たない、若々しいお肌を手に入れましょう。

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科(美肌・レーザー)
フィラー(注入治療)
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約