• お電話でのご相談はこちら
  • 無料カウンセリング予約
  • LINE予約

被せ物(クラウン)

こだわり
白く透き通った歯を
手に入れられる

より自然な歯に近い仕上がりする

東京美容外科では「オールセラミック」や「ジルコニア」といった耐久性や安全性の高いクラウンをお選びいただけます。

より自然な歯に近い仕上がりすることはもちろん、患者様のご希望に合った治療を行っています。

こんなお悩みの方に
オススメ

  • 歯を綺麗に見せたい方
  • 虫歯の影響で歯がダメージを受けている方
  • 何らかの影響で歯が削れてしまった方
  • 人口の歯が必要な方
  • 天然歯と同等の強度を求めている方

自然な歯を取り戻せる
被せ物(クラウン)
とは

被せ物(クラウン)とは、虫歯治療や根管治療によって削られた部分に、セラミックや金属などの被せ物をすることで歯の欠損部分を補完する治療です。主に、被せ物には「セラミック」と「金属」の2種類があります。
それぞれ形状や強度、色合いなどの違いがあり、ご自身に合ったものをお選びいただけます。

被せ物(クラウン)の種類

ハイブリッドクラウン

セラミック(陶器)とレジン(歯科用樹脂)を混ぜた材料で作られた被せ物です。金属アレルギーの心配がなく、色の変色が少ないという特徴があります。

メタルボンド

中身が金属になっていて、外から見える部分にセラミックを貼り付けた被せ物です。金属を使用しているため強い噛む力にも強く、割れにくいという特徴があります。

オールセラミック

金属を使用せずにセラミック(陶器)のみを使用して作られた被せ物です。自然歯の色に近く、より透明感を再現することができます。

ジルコニア(ジルコニア、セラミック)

歯科用セラミックの中でも強度や安全性が高い種類の素材を使用して作られた被せ物です。ジルコニアとは人工ダイヤモンドとして有名な素材で、耐久性が高く熱などにも強いと言われています。

ジルコニアには、「フルジルコニア」と「ジルコニアセラミック」の2種類があります。
「フルジルコニア」は色の種類が5色あり、自然歯に近いもので製作します。「ジルコニアセラミック」はジルコニアの表面にセラミックを焼き付けたもので、色の調整が自由に行うことができ、より審美性が高いという特徴があります。

ゴールドクラウン

通常の金属より少し柔らかいゴールドの材料を使用して作られた被せ物です。強い噛む力にも耐久でき、変色も少ないという特徴があります。奥歯の使用にされることも多い種類です。

Attention
東京美容外科 赤坂院
被せ物(クラウン)
の特徴

特徴01

歯の状態に合った物を
選択できる

被せ物にはセラミックや金属などの様々な材料があり、歯の状態や求める仕上がりによって選ぶことができます。
審美性や耐久性がそれぞれ違うため、患者様のご要望に合ったものをお選びいただくことが重要です。

特徴02

セラミックを使用した
クラウンは体に優しい

被せ物の中でもセラミック素材のものは、金属を使用しないためアレルギーなどを引き起こすことがなく、安全性が高いことが特徴です。
金属製のものが全て危険というわけではありませんが、皮膚のかゆみやかぶれなどのアレルギー反応を引き起こしてしまう場合があります。

特徴03

長期で使用しても
劣化しにくい

被せ物は、一度付けると数年〜十数年の間使い続けることができます。素材の種類によって期間は異なりますが、長期に渡って治療の効果を持続させることができます。

ただし、歯の状態に合っていなかったり、一定以上の期間使用したりした場合には交換が必要になるので注意しましょう。

特徴04

セラミック製の
クラウンは
自然な歯に近い

セラミック製の被せ物は金属を使用しない白い歯で自然な仕上がりが期待できます。
また長期間使用しても変色がしにくく、天然歯に近い健康的な見た目をキープすることができます。

⻭の治療が
どうしても苦⼿な⽅へ

こんなお悩みの⽅

  • 治療に関する悩み01
  • 治療に関する悩み02
  • 治療に関する悩み03

東京美容外科では⻭科治療に対する患者様の精神的な負担を考え、
眠っている間に終わる⿇酔を使った⻭科治療を⾏っております。

患者様の状態や要望に合わせた⿇酔法をご提案

  • 静脈内鎮静法

    治療時間が短く、⻭科治療に対して⽐較的不安が弱い⽅向け。

  • 全⾝⿇酔

    治療時間が⻑い⽅や、⻭科治療に対して恐怖⼼の強い⽅向け。

ご予約・ご相談

被せ物(クラウン)の費用

患者様にのご都合に合わせた支払い方法
東京美容外科は、医療分割、各種カード、デビッドカードの取り扱いもあり、患者さまのご都合で様々なお支払い方法をお選びいただけます。
適正な治療費
東京美容外科では安心して患者様に治療を受けていただけるように、被せ物(クラウン)の治療費用は定額制(診療費・矯正装置費・診断料等含む)としております。
使用する被せ物により変化する金額
治療にかかる費用は、被せ物の種類によって異なります。それぞれの種類の料金については、以下の料金表でご確認ください。
※費用は全て税抜きになっております

被せ物(クラウン)

セレック
セラミック
100,000円
パーツモニター
85,000円
フルフェイスモニター
70,000円
セレック
セラミック
(e-max)
120,000円
パーツモニター
102,000円
フルフェイスモニター
84,000円
セレック
フルジルコニア
150,000円
パーツモニター
127,500円
フルフェイスモニター
105,000円
ハイブリッド 100,000円
パーツモニター
85,000円
フルフェイスモニター
70,000円
メタルボンド 150,000円
パーツモニター
127,500円
フルフェイスモニター
105,000円
ゴールド
(金属代含む)
100,000円
パーツモニター
85,000円
フルフェイスモニター
70,000円
オーダーメイド
フルジルコニア
200,000円
パーツモニター
170,000円
フルフェイスモニター
140,000円
オーダーメイド
セラミックジルコニア
250,000円
パーツモニター
212,500円
フルフェイスモニター
175,000円

麻酔

笑気麻酔 20,000円
静脈内鎮静法 50,000円
全身麻酔 100,000円

被せ物(クラウン)
保証内容

3年間保証
※ハイブリッドクラウンは除く

ご予約・ご相談

被せ物(クラウン)の流れ

  • 1.カウンセリング

    患者様の歯の症状やご希望の仕上がりなどについてカウンセリングを行います。
    また、既に使用していた被せ物が取れてしまった方はその経緯について詳しくお聞かせください。

  • 2.口内チェック

    虫歯や問題のある歯などの口腔内検査・治療を行います。
    また、歯の根っこの状態や歯の形を見るためにレントゲン撮影をさせていただき、その後の治療の提案・ご説明などを行います。

  • 3.歯の形成と型取り

    被せ物(クラウン)を被せるための土台を作ります。歯の中の神経や血管などを削り取り、歯根の部分を利用して行います。
    そして被せ物を作るために口の中の型を取らせていただきます。

  • 4.装着~確認

    型に合わせて出来上がった被せ物を土台に合わせて装着していきます。歯並びや噛み合わせを調整していき、歯にくっつけていきます。

  • 5.被せ物(クラウン)の治療終了~カウンセリング

    仕上がりの確認やその後の治療方法についてのご説明を行います。
    万が一、被せ物が長続きせずに取れてしまった場合には再度作り直しが必要になる場合があります。

ドクターから
被せ物(クラウン)を
お考えの方へ

被せ物(クラウン)は、大きな虫歯の治療や根管治療の後に使用することが多いです。

被せ物にはたくさんの種類がありますが、より口元を美しく魅力的にしたいという方にはセラミック素材のものをお選びいただけます。
それぞれの種類によって費用や特徴が異なるので、患者様の予算や希望の仕上がりに合わせた治療を行なっていきましょう。

被せ物(クラウン)の
よくある質問

治療後に確認した方が良いことはありますか?

噛み合わせをきちんと確認しましょう。被せた直後は、噛み合わせに違和感があったり、治療部分だけ高く感じたりしますが、次第に慣れて気にならなくなるケースがほとんどです。

被せ物(クラウン)が外れることはありますか?

クラウンはいくつかの原因により外れる場合があります。主に、歯の噛み合わせの変化が考えられます。
また、クラウンを取り付ける際のセメントが長年の使用で劣化し外れてしまうといったケースが多くなっています。

治療に痛みはありますか?

治療をする際は、麻酔を行うので痛みを感じることはほぼありません。治療後に痛みを感じるケースがありますが、痛み止めの服用で緩和させることが可能です。

被せ物(クラウン)をした歯は虫歯になりませんか?

被せ物をした歯も虫歯になる可能性があります。クラウンと歯肉の間に細菌が入り込み虫歯になることもあります。また、歯周病などが原因で歯茎から菌が入り込むケースもあります。

被せ物(クラウン)をした歯のケア方法はありますか?

被せ物(クラウン)をした歯は、クラウンと歯肉の間い歯垢が溜まりやすくなります。再度虫歯を作らないためにしっかりと歯を磨くことが大切です。

また、定期的にマウスウォッシュを使用することで歯垢が取れるので勧めています。

被せ物(クラウン)をした歯がしみるのですが何故ですか?

虫歯が広がらないように、虫歯がある部分を含めさらに大きく歯を削ります。これにより本来の歯よりも厚さが薄くなり刺激が伝わりやすくなるのです。
個人差はありますが、長くても1ヵ月程度で徐々に治まるでしょう。

被せ物(クラウン)が取れてしまった場合どのように対処すれば良いですか?

万が一、取れてしまい自分で付けてしまうと細菌が混入する可能性やクラウンをした歯が虫歯になってしまう可能性も考えられます。
クラウンが取れてしまった場合は必ず、クリニックへ行き再度取り付けてもらうなどの対処をして下さい。

被せ物(クラウン)の
注意事項

メンテナンスをしっかりと行いましょう
クラウンをした歯が再度虫歯になってしまう可能性を避けるためにも、定期的に医師の元でメンテナンスを受けることが非常に重要です。

ご予約・ご相談