• お電話でのご相談はこちら
  • 無料カウンセリング予約
  • LINE予約

東京美容外科 赤坂院 美容施術

こだわり学会で認められた
豊胸術

痛みが少ない。固くならない。
傷跡が目立たない。
1Day豊胸治療 ※後日、健診が必要です

日本美容外科学会にて論文発表した東京美容外科オリジナル豊胸術を開発し、出血を安全に予防することにより、安全で痛みのない治療を可能としました。

海外では珍しい短時間でできる当院の豊胸術は、海外医師への技術講習会やイベントなどでも紹介をしています。こうした活動により医療技術の向上・発展に貢献できればと考えています。

豊胸・ボディ形成

豊胸(バッグ挿入)

豊胸(バッグ挿入)とは、わきの下を少し切ってシリコンバックを挿入するバストを大きくする手術です。2カップ以上バストを大きくしたい方、半永久的に豊かなバストを手に入れたい方にお勧めです。バッグには色々なサイズや形状が、材質があります。

また、挿入方法や位置も様々です。患者さまのご希望や治療前の状態に合せて最適な治療内容をご提案いたします。

施術時間
両胸60分
料金
500,000円~
リスク
術後約2週間は腫張、内出血の可能性

BellaGel Micro(ベラジェルマイクロ)豊胸

BellaGel Micro(ベラジェルマイクロ)豊胸とは、柔らかさと伸縮性に優れたFDA登録のインプラントバッグを挿入してバストを大きくする手術です。

豊胸(バッグ挿入)同様、2カップ以上バストを大きくしたい方、半永久的に豊かなバストを手に入れたい方にお勧めです。

施術時間
両胸60分
料金
1,200,000円~
リスク
術後約2週間は腫張、内出血の可能性

豊胸(脂肪注入)

豊胸(脂肪注入)とは、ご自身から吸引した脂肪を注入してバストを大きくする豊胸手術です。

シリコンバッグを入れている方や、より自然な見た目や触り心地をご希望される方にお勧めの治療です。
手術には別途脂肪吸引代が必要となります。

施術時間
両胸180分
料金
両胸 950,000円~
リスク
一時的にシコリを感じる可能性

ハイブリッド豊胸

ハイブリッド豊胸とは、バッグとご自身から吸引した脂肪を挿入および、注入してバストを大きくする豊胸手術です。

痩せていて余分な脂肪が少ない方にお勧めの治療です。シリコンバッグを大胸筋下に挿入し脂肪を注入することでバッグが浮いて見えず自然な仕上がりになります。

施術時間
両胸180~240分
料金
両胸 1,200,000円~
リスク
約2週間は強い腫れや内出血の可能性。
3~6カ月間は要経過観察

豊胸バッグ抜去

豊胸バッグ抜去とは、過去に入れた古い豊胸バッグを取り除く手術です。
時間の経過と共に違和感を覚えたり、形や大きさを変えたい方にご提案しています。

他院で豊胸手術を行い、仕上がりにお悩みのある方もご相談ください。

施術時間
両胸60分
料金
両胸 250,000円~
リスク
約1ヵ月は腫れや内出血の可能性。

豊胸手術を既にしている方にオススメ

こだわり潰さない乳がん検診

ABUS(エイバス)の導入

東京美容外科 赤坂院では、昨今受診率が伸び悩む乳がん検診の促進のため、乳房用超音波画像診断を導入いたしました。「バッグが入っているから心配」「痛そう」「恥ずかしい」をクリアし患者さまの心と身体、双方への負担を軽減した検診が可能です。
豊胸手術後の乳がん検診は勿論、挿入したバッグの状態も確認できるので、メンテナンスやアフターフォローのツールとしても活躍します。

検査時間
15分
料金
1回30,000円
東京美容外科にて豊胸バッグ手術をした患者様、術後検診時に
1回無料

ご予約・ご相談

診療科目一覧

東京美容外科 赤坂院の美容施術とは

「美」と「健康」の両方をサポート。
更に満足度の高い美容医療へ。

赤坂院の特色は最新鋭設備によるトータル美容。 特に「豊胸」の分野に関しては、院長である麻生泰医師の最も得意とする施術です。
注射によるプチ施術から本格的なバッグ挿入まで、胸のことなら何でもご相談下さい。

もちろん胸以外の施術も行っておりますので、カウンセリングでお悩みをお聞かせ下さい。 医師として最適なご提案をさせて頂きます。

入院設備の無い病院としては珍しいことですが、赤坂院は麻酔科の医師が常駐し、美容外科・審美歯科ともに痛みの少ない治療が可能となっています。

さらに乳がん検診の最新鋭機器「ABUS(エイバス)」を導入。
これは豊胸施術を受けられた方でも負担なく検査を受けることが出来る、つぶさない乳がん検診が可能な機器です。外見的な「美」だけではなく、内面的な「美」である「健康」もサポートして参ります。

また、後進の育成や技術の向上にも力を入れていきます。
将来的には手術室の映像を地下のホールで流す「ライブサージェリー(ライブ手術)」に対応した施設を目指しております。これにより今まで密室であったオペ室を開放し、技術講習会や学会での使用など、医療の発展に積極的に貢献していきたい考えです。

ご予約・ご相談